必ず回答すべき、5つの疑問(reasonswhy,リーズンワイ)


スクリーンショット 2014-11-07 11.21.05

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

 

今回は、読者の疑問に先回りして、疑問を解決して、

反応率を高める「reasonsWhy」について解説します。

それでは、動画をご視聴下さい。

以下の文章でも、内容を把握する事が出来ます。

更に詳しく知りたい場合は、動画をご視聴下さい。

 

 

なぜ??なぜ??なぜ??

 

メルマガや、セースルレタで、商品を販売する際に、

読者は「なぜ?」という、疑問を持ちます。

 

特に、よく出てくる疑問を、5つのWHYと言います。

 

この5つ疑問には、先回りして、

確実に答えるようにしてください。

 

 

5つのwhy

 

5つのwhyは以下の通りです。

 

1、why you(なぜ、あなたから買う必要があるの?)

2、why me(なぜ、わたしなの?)

3、why this(なぜこの商品なの?)

4、why now(なぜ今なの?)

5、why this price(なぜ、この値段なの?)

 

 

1つ、1つ答えを用意する。

 

 

まず、あなたから買う理由を説明します。

あなた以外にも、同じものを、販売している人がいる場合、

あなた買う理由はないのです。

 

あなた独自の商品を作って行く必要があります。

 

 

そして、この商品がいかに、その人に必要で、

その人に届けたいと考えているのかを、説明します。

 

 

その上で、今このタイミングで購入する事が、

ベストな理由を説明して、

最後に、値段設定の理由を述べて行きます。

 

これらは、無理矢理、こじつけで理由を付ける

ものではないので、気をつけてください。

 

 

 

商品企画時点から、5つのwhyを考える。

 

理由をこじつけるのでなくて、

商品企画時点から、この5つのwhyを念頭に置いてください。

 

この5つのwhyを念頭において、

商品企画をしていくことで、

強い理念を持った商品が出来上がります。

 

理念をもった、商品であれば、5つのwhyは、

自然と答える事が出来るはずです。

 

5つのwhyを理解して、商品企画、

セールスレターの作成をしてみてください。

 

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございます。

時間がある方は、関連記事も読んでみてください。

                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


最短で自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ