ブランディング「情緒的価値を理解する」


写真 2

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

 

今回は、ブランディングの「情緒的価値」について、お伝えしますが、

ブランディング全体像を読んでいない場合は、先にそちらを読んでください。

 

それでは、動画をご覧下さい。

以下の文章でも、内容を把握する事が出来ます。

更に詳しく知りたい場合は、動画をご視聴下さい。

 

 

現代社会で、購入される要素とは?

 

もしも、あなたが、パソコンを購入するとしましょう。

あなたは、何を基準に、パソコンを選びますか?

 

僕の場合は、最低限の機能と、デザイン性で選びます。

 

このように、現代社会においては、

機能よりも、情緒的価値で、購入決定がされます。

 

 

 

成熟業界ほど、機能では選ばれない。

 

パソコンというものは、既に機能が、十分備わっています。

 

その道のプロでもない限り、使いこなせないほどです。

 

そう言った場合は、

消費者は、機能ではなく「情緒」で購入を決めます。

 

 

 

情緒的価値が無ければ、選ばれない。

 

今の日本は、成熟社会であり、モノが溢れています。

この時代においては、機能的価値で選ばれることはないです。

 

機能的価値は、既に備わっていて「当たり前」です。

 

そこで重要になってくるのが「情緒的価値」です。

 

 

なんとなく、いいかんじ~♪

 

情緒的価値とは、「感覚的に好む」状態を言います。

理論で説明するのが難しい部分です。

 

あえて理論で説明すると

 

・共通点

・見た目

 

この2点を説明します。

 

 

 

共通点

 

あるもの(商品)に、共通点を見出した場合に、

人は強く、ブランドを感じるようになります。

 

例えば、海外旅行に行けば、

日本人がいたら、嬉しくて話しかけたくなります。

趣味が共通する人と、仲良くなるのもこの原理です。

 

僕が、長年愛用している「印伝屋」というブランドがあります。

この商品を、愛用する理由は、出身地が同じという理由です。

 

こういった、理屈では説明不能な、

共通点に人は惹かれて、購入を決断するのです。

 

 

 

見た目

 

人は、見た目が良いモノを好みます。

かっこいい、かわいい、スマートである。

 

これは、機能とは全く関係ないものです。

 

しかし、購入決定のプロセスに、

見た目の重要度は、わざわざ説明する必要はないでしょう。

 

多少機能が劣っていたとしても、

持っていて、気持よいもの、かっこいいものを、人は選ぶのです。

 

僕が、MacBookを長年使っているのは、

デザイン性が好きと言う理由が、結構大きいです。

 

 

 

情緒>機能

 

このように、理屈では説明しがたい、

感覚(情緒)で、意思決定をする時代なのです。

 

この「なんとなく、いい感じ」という、

フワフワしたものを、ブランド戦略として攻略する必要があります。

 

機能よりも、情緒という時代の流れは、

今後更に、加速する事が予想されます。

 

この機会に、あなたの情緒的価値を、

しっかりデザインしてみてください。

 

今回も、最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

時間がある場合は、関連記事も読んでみてください。


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ