香港141に、潜入して来ました(内容、価格、料金、場所、営業時間等を解説)


1107-RIMG0020
この記事は、2分で読めます。

香港141攻略、海外でも安心して遊ぶ方法

お金を気にせず、香港141で遊ぶ方法を、期間限定公開中

 

PC1台ノマドライフの、大島享です。

先日、香港で、有名な風俗マンション141に行ってきました。

 

香港141は、別名「ピンポンマンション」と言われ、

普通のマンションの、一角が、風俗になっています。

 

 

1部屋1人、女性がいて、ピンポンを鳴らして、

1人1人、吟味して行くと言う、変わったスタイルです。

 

 

この雰囲気を味わうだけでも、訪れてみる価値があります。

香港には、ピンポンマンションが多数あり、

外身は、普通のマンションなので、とても分かりにくいです。

入念に下調べをしてから、行ってみてください。

 

 

僕は、あくまでブログ掲載のネタ上、

訪れただけなので、あしからず。

 

 

 

プレイ内容

P1010536d
 

いわゆる、日本のちょんの間と、同じような感じみたいです。

本番、1発で終了。

 

 

時間にして、約30分といったところです。

また、海外風俗特有ですが、キスNGな子が多いです。

もしも、キスしたい場合は、事前に確認するようにしてください。

なかには、OKな女性もいます。

 

 

どうせ、1件1件顔を確認して、マンション内をうろつきますから

その際に、確認すると良いですね。

それと同時に、価格も確認するようにしてください。

 

 

ちなみに、香港141は、合法風俗ですので、

プレイ中に、ガサ入れなんて心配はないので、安心です。

 

 

 

香港141(ピンポンマンション)料金

 

こちらは、女性や、マンションによって、若干の差があります。

400~600香港ドルです。(現在のレートで約、6000円~10000円)

 

 

価格については、ドアに張り出されている場合もありますが、

一応、ピンポンからの、確認がベストです。

必ず、確認するようにしましょう。

 

 

ここで、1つテクニックを話すと、なんだかんだで、

全くコミュニケーション、とれないよりも、話せた方が楽しいです。

 

そのため、ピンポンからの、「ハロー」ではなく、

こんにちはorこんばんは、と話しかけてみてください。

多少でも、日本語が使えるなら、必ず日本語で返してくれます。

日本語が、話せる女性は、意外と多いです。

 

特に英語が苦手な方は、少しでも日本語が話せる女性と、遊ぶのがオススメです。

 

 

 

場所:香港大廈B座

 

 

ピンポンマンションは、香港に複数あるが、

こちらのマンションが、女性も多く、質も高いです。

 

 

香港大廈B座は、カオルーン半島(クーロン)の、

ネイザンロードの、ミラホテルの、すぐ横のマンションです。

チムサーチョイ駅から、徒歩で行けます。

ここの8階~6階が、香港141です。

 

 

あくまで、通常のマンションの、一部のフロアが、

ピンク色に輝く、ピンポンマンションになっています。

外見では、風俗があるとは、全くわかりませんし、

入口も特に目立ちません。

 

 

しかし、確実にこの8階~6階に存在していますので、

勇気を持ってエレベーターに乗ってください。

 

 

よくわからなかったら、同じような男性集団を、

このマンション入口付近で待って、その人に付いて行きましょう。

 

 

エレベーターに乗って、8階までいって、

1部屋、1部屋、ピンポンして、6階まで降りて品定めをしてください。

 

 

 

営業時間

 

15時頃から、24時です。

 

他のサイトを見ると、15~16時がオススメと書いてありますが、

その時間は、準備中が多くてあまりオススメしません。

 

やはり、夜の時間帯が、女性が多くてオススメですね。

 

 

 

好きなだけ、海外で遊びまくる。

 

先日は、3回目の香港でした。

 

3回目ともなると、かなり慣れて来て

一通り地理や、飲食店や、街の特徴も分かって来ます。

 

セントラルは、ショッピングとか

ランカイフォンは、クラブ遊びとかですね。

 

これも、好きな時に、好きなだけ

海外旅行をする、自由を得たからです。

 

お金や、時間の束縛から解放されて

好きなだけ、海外旅行をすることに興味があれば

僕の、メルマガで、ビジネスを学んで見てください。

 

購読1ヶ月で、副収入で10万円を

達成する人が続出しているメルマガです。

大島享無料公式メルマガ登録はこちら

                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


最短で自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ