日本から、パタヤビーチへの行き方(日本からバンコク編)


IMG_5444

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

今回は、日本からパタヤビーチへの、行き方を紹介します。

 

パタヤビーチの、夜遊び記事は、こちら

 

 

 

まずは日本からバンコクへ

 

日本からバンコクへは、約6時間

羽田、成田、関西国際空港などから、

タイの首都バンコクへ行きます。

 

バンコクには、2つの空港があります。

 

スアンナプーム空港、ドンムアン空港です。

パタヤに行く場合、スアンナプームに行くようにしてください。

 

 

 

エアーチケットの取り方

opengraph

航空券の手配は、スカイスキャナーを使っています。

 

日付と、行き先を指定することで

各航空会社を比較して、最も安い順番に、並べてくれます。

 

 

 

個人的オススメ航空会社

FLJ_13082611-700x465

僕は、JAL、ANAをおススメします。

 

多少金額は高い場合が、多いのですが、

片道6時間以上、往復12時間以上

飛行機に乗っている事になります。

 

機内エンターテイメント(映画など)の充実、

食事や飲み物が、日本人好みに作られているなど

 

サービスが行き届いています。

多少の金額差であれば、信頼の日本ブランドを選ばれるのが良いです。

 

慣れない飯、慣れない英語を

しゃべって体力を使っては行けません。

 

 

 

LCCがダメな理由①空港の不便さ

airasia1

僕は、東京在住なので、羽田空港が一番近いです。

しかし、LCCは、成田空港からしか出ません。

 

また、出発時間が、朝早すぎたり、夜遅すぎたりします。

 

成田までの交通費と、無駄な時間。

片道3000円、往復6000円。

移動時間片道2時間、往復4時間。

 

こんな無駄の為に、1〜2万円のチケット代をケチるなんて

目的を忘れているとして思えないです。

 

旅を楽しむには、多少の出費は目をつむりましょう

1円でも安いほうが良いなら、家で寝てれば良いのです。

 

旅にいくなら、このくらいケチらない。

 

ケッチって遊ぶ時間を減らしてたら

本末転倒も、いいところです。

 

また、朝早過ぎると言う事は、前日の終電で空港に行って、

近辺で1泊するか、空港のソファーで1晩明かすわけです。

 

また、帰りが遅過ぎると、その日のうちに家に帰れないです。

そういった理由からも、LCCはオススメしません。

 

 

 

LCCがダメな理由②ドンムアム空港に到着する

Exif_JPEG_PICTURE

LCCで、バンコクに行くと、99%ドンムアム空港着です。

閑散とした、田舎の空港みたい。笑

 

前述した通り、ドンムアム空港から、パタヤビーチは行きづらいです。

 

ドンムアム空港につくと、

まずはスワンナプーム空港に移動が必要です。

 

そこで、2~3時間ロスします。

 

それは、1日目の夜遊びを放棄することに繋がります。

僕は、1分、1秒も無駄にしたくない。

 

先日は7泊8日でパタヤに行きました。

7ナイトしかないのです。

 

ドムアンムに行ったら、1ナイト無駄にします。

ですから、LCCはダメなんです。

 

 

 

LCCを進めない理由③機内エンタメなど

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

LCCは、機内エンタメ、食事、飲み物など

座席の幅など、すべて、充実していません。

 

片道6時間以上、往復12時間以上。

 

この時間を考えたら、居心地の良い空間が良いですね。

パタヤビーチについて、初日の夜に遊ぶ力を温存する為にも、

LCCは、オススメしないです。

 

 

 

まとめ

IMG_5493

1、航空券は、スカイスキャナーで取る

2、スワンナプーム空港へ

3、LCCや他の航空会社より、JAL・ANAがオススメ

 

パタヤビーチに行くなら、夜遊びが目的です。

南国の風を感じながら、飲む「チャンビア」は最高です。

 

ビアバー、ゴゴーバー、クラブ

 

1日目の夜から、全力で遊ぶ為にも、体力を温存しましょう。

 

 

 

関連記事

・パタヤでの夜遊び記事は、こちら

・日本からパタヤビーチへ(空港からパタヤビーチ編)こちら

・パタヤの水掛け祭り(ソンクラーン)こちら

 

 

 

なぜ、家庭もあるのに、旅ばかり出来るのですか?

僕の仕事は、パソコン1台で完結します。

そのため、何日も、旅行をしていても、

インターネット環境さえあれば、困ることはありません。

好きな時に、好きな場所へ、好きな仲間と

好きなだけ旅をしたり、遊びに行ったり出来るのです。

あなたが、このような、生活を送って見たいと思ったら

僕の無料メルマガで、ビジネスの勉強をしてみてください。

大島享無料公式メルマガ、登録はこちら


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


幸せな自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ