日本から、パタヤビーチへの行き方(バンコクから、パタヤビーチ編)


bangkok-pattaya-map

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

今回は、バンコクから、パタヤビーチのへの行き方、

パタヤでの、大島の「常宿」を解説します。

 

日本→バンコクへの行き方は、こちら

 

 

 

スワンナプーム空港から、パタヤビーチ

IMG_5708

スワンナプームに付いたら、もう少しでパタヤビーチです。

空港から、パタヤビーチへの行き方は、2種類です。

 

1、タクシー:約1500バーツ

2、バス:約200バーツ

 

どちらとも、約2時間で到着します。

 

 

 

タクシー

201308012224143ab

空港から、パタヤビーチへ行くのに、最も便利なのはタクシーです。

 

空港1階出口に、派手な色のタクシーが止まっています。

約2時間、高速料金込で、1500~2000バーツです。

料金は、交渉になりますが、1500バーツで、ほぼOKしてくれます。

 

僕は、2・3人一緒に行動している場合は、タクシー移動です。

タクシー移動のメリットは、待ち時間がないこと、ホテルまで連れて行ってくれることです。

 

 

 

バス

P1

空港1階8番出口あたりに、パタヤ行きバスの受付があります。

パタヤ行きのバスは、2つの会社があります。

 

・ベルトラベルバス:200バーツ

・エアポートパタヤバス:134バーツ

 

ベルトラベルバスは、空港からパタヤノースバスターミナルまで行きます。

その後、個々のホテルまで、送ってくれるので、初心者にはオススメです。

 

エアーポートパタヤバスは、空港から、サウスパタヤのバス停まで行きます。

その後ホテルまでは、各自タクシーなどで移動する必要があります。

 

バスのメリットは、安い事ですが、

そこそこ慣れていないと、迷う事も多いでしょう。

 

僕は、慣れているので1人で行ったときは、バスで移動です。

空港について、一番最初に来たバスに乗込み、ワクワクしながらパタヤを目指します。

 

 

 

パタヤでのホテル

1717437_12_b

僕が、パタヤで泊まるホテルは、チャダタイハウスです。

値段は1000バーツほどでリーズナブルで、清潔です。

 

クリーニング屋さんが、目の前にある

屋台が大通り(セカンドロード)に出てすぐにある

この2点が気に入っております。

 

クリーニングがとても安いので、

自分で洗濯はせずに、常にクリーニングに出しています。

 

屋台は、タイ料理が揃っており、良心的価格です。

メニューが多いので、毎日行っても飽きる事はないです。

 

 

 

関連記事

・パタヤの夜遊び記事は、こちら

・日本からパタヤへの行き方(日本からバンコク編)は、こちら

・パタヤの水掛け祭り(ソンクラーン)は、こちら

 

 

 

なぜ、家庭もあるのに、旅ばかり出来るのですか?

853007-1920

僕の仕事は、パソコン1台で完結します。

 

そのため、何日も、旅行をしていても、

インターネット環境さえあれば、困ることはありません。

 

好きな時に、好きな場所へ、好きな仲間と

好きなだけ旅をしたり、遊びに行ったり出来るのです。

 

あなたが、このような、生活を送って見たいと思ったら

僕の無料メルマガで、ビジネスの勉強をしてみてください。

 

大島享無料公式メルマガ、登録はこちら


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


幸せな自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ