ラン島への行き方(パタヤビーチからすぐの離島)


IMG_5997

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

 

今回は、ラン島への行き方を紹介します。

 

パタヤビーチに行ったら、船に乗って、ラン島まで行ってみてください。

 

パタヤビーチは、お世辞にも綺麗な海とは、言いがたいので、

少し足を伸ばして「ラン島」まで、行くのがオススメです。

 

タイの田舎を感じ、南国の風を感じに、少し足を伸ばしましょう。

 

 

 

パタヤ市街地から、ラン島への、船着き場

pattaya map

赤丸が、船着き場

middle_1431426562

チケット売り場

 

ラン島へは、船に乗って行きます。

船の乗り場は、 上記の地図に記載の「赤丸」です。

ウォーキングストリートの最南端です。

 

料金は、片道30Bです。

チケット売り場があるので、そちらで購入します。

 

船は、100人くらいは乗れる、大型船です。

揺れは、そこまで気にならないでしょう。

 

途中で、モーターボートに乗って行かないか?などの、

勧誘がありますが、最も安いのは、片道30Bの大型船です。

騙されないように、気をつけてください。

 

 

 

ラン島での遊び方

lann

 

ラン島では、海水浴や、バイクでの島巡りがオススメです。

 

島内での、移動は、ソンテウや、モタサイより

1日バイクレンタルをしてみてください。

 

小さい島ですし、みんな安全運転です。

バイクは、1日200B程度で、借りられます。

 

1台で、2人乗りして、島内を巡ってみてください。

海水浴でオススメは、南端のヌアルビーチです。

 

 

 

海水浴、バイクで島巡り

IMG_5997

IMG_5999

 

パタヤビーチから、少し足を伸ばして、

静かなで、田舎な、タイを満喫してみてください。

 

ビールを飲みながら、キレイで海で待ったりするも良し。

 

南国の風を感じながら、ラン島をバイクで巡るも良し。

夜の繁華街とは、また違う楽しさに出会えます。

 

 

 

関連記事

・パタヤビーチの夜遊びは、こちら

・日本からパタヤビーチへの行き方(日本からバンコク編)こちら

・日本からパタヤビーチへの行き方(バンコクからパタヤ編)こちら

・パタヤの水掛け祭りは、こちら

 

 

 

なぜ、家庭もあるのに、旅ばかり出来るのですか?

 

僕の仕事は、パソコン1台で完結します。

 

そのため、何日も、旅行をしていても、

インターネット環境さえあれば、困ることはありません。

 

好きな時に、好きな場所へ、好きな仲間と

好きなだけ旅をしたり、遊びに行ったり出来るのです。

 

あなたが、このような、生活を送って見たいと思ったら

僕の無料メルマガで、ビジネスの勉強をしてみてください。

 

大島享無料公式メルマガ、登録はこちら


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


幸せな自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ