【画像付】東京銀座キャバレー「白いばら」に、突撃した感想(内容・価格など)


@–ˆ–éAŒJ‚èL‚°‚ç‚ê‚é‹âÀ‚̘V•ÜƒLƒƒƒoƒŒ[u”’‚¢‚΂çv‚̍‹‰Ø‚ȃVƒ‡[BŒ’N“I‚È‚¨F‹C‚ª”„‚肾‚VŒŽ
時間とお金を全く、気にせず

銀座のナイトスポットを、制覇する方法とは?

期間限定で公開中!

 

 

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

 

先日、銀座の「白いばら」に、遊びに行って来ました。

昭和のキャバレー体験で、コンサル生と、遊びに行きました。

 

結論から言うと、オススメです。

その理由は、以下の通り。

 

 

 

白いばら?キャバレーって何?オススメの理由!

IMG_6402
そもそも、キャバレーって何?

キャバクラと、何が違うの?

 

厳密な違いが、僕も良くわからない。

 

百聞は一見にしかず、ということで、

創業昭和6年老舗キャバレーに突撃。

折角行くので、老舗に言ってみました。

 

 

 

キャバクラとの違い(大島目線)

b0112927_0422141
キャバレーは、女性が横に付いて、お酒のお供をする。

これだけ、聞くと、キャバクラと何が、違うんだ思いますね。

 

僕も、厳密に違いは、わからないのですが、

今回行ってみて、大島視点で、キャバクラとの違い。

 

1、ホステスの年齢層が広い気がする

2、キャバクラより、アットホームな雰囲気

3、黒服さんが中年で、接客が、心地よい

4、値段は安い気がする

5、ショーや、生バンドが付いてる

6、内装が昭和っぽい

 

昭和な内装、生バンドの歌、ショー

この辺りが、通常のキャバクラとは違って、面白いです。

 

 

 

料金:コスパ良し

IMG_6399
僕らは、2時間くらいで1人、14000円くらいでした。

 

場内指名2名で、そこそこ飲みました。

そのため、一般的なキャバクラよりは、安いですね。

 

色々な料金プランがあって、分かりにくいのですが、

入店時に、黒服さんが、一番お得なプランを案内してくれます。

 

 

 

女性:若くて可愛い子、多し。なぜか女性5人も付いた。笑

Exif_JPEG_PICTURE
通常のキャバクラよりも、若干年齢層が広いです。

20~35歳くらいなイメージです。

 

当初のイメージ以上に、20代前半が多かったです。

 

その日は、暇だったのか・・・。

なぜか僕らのテーブルには、5人女性がいました。

 

女性の出身地で、呼ぶ事も出来るので、

同郷の女性と、地元話で和むのもよいですね。

 

また、昭和6年から続く老舗なので

雇用、待遇が良いらしく、女性は働きやすいとのこと。

だから、頭も性格も、良い子が多い気がします。

 

 

 

大島流楽しみ方

a0155447_5285490
大島的には、こんな楽しみ方を推奨。

 

1、1次会で軽く食べ、軽く飲む

2、19時頃入店(早いと安いから)

3、21時頃出る(お気に入りとはLINE交換。後日デートへ)

4、21時~銀座の立ち飲みバーあたりに繰り出す。

 

こんな感じで、銀座の夜を楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

 

 

結婚しても、子供がいても、人生を謳歌する。

10461988_536085769836529_5148067922506308233_n
僕は、1日1時間で、毎月100万円以上稼ぎ

経済的、時間的に、自由を謳歌しています。

 

普段から、家にいて、家事も育児もします。

奥さんとの記念日も、忙しくて、忘れるなんてありません。

 

もちろん、家にお金も沢山入れています。

 

だからこそ、旅に行ったり、多少の夜遊びも許されます。

あなたも、結婚しても、子供がいても人生を謳歌したい。

 

そう思っているのであれば、

僕の無料メルマガで、ビジネスの勉強をしてみてください。

 

経済的、時間的に、自由になる方法を教えています。

 

大島享無料公式メルマガは、こちら

 

 

 

大島享の詳細プロフィールが漫画になりました。


以下のページを開いて、少し下にいくと

漫画を読むことが出来ます。

 

「元々は全く普通の会社員」

「毎日悶々としながら過ごしていました」

「そんなある日・・・」

◯◯◯を知ることに」

 

その◯◯◯

普通の会社員が、億万長者になった物語。

僕のプロフィールを

漫画の続きで、確認してみてください。

プロフィール漫画はこちら

※漫画は『期間限定』の公開です


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


幸せな自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ