バニーガールバー、銀座BAR並木にいってきました。


Copist

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

 

先日、バニーガールバーで有名な、銀座「バー並木」に行ってきました。

友人3人で行ったのですが、なかなか楽しめました。

 

どんな、バニーガールバーだったか、レポします。

 

 

 

バニーガールは、男の夢

3

 

大島は、バニーガール大好きです。

バニーは、日本男児の夢ではないでしょうか。

 

ドラゴンボールの、ブルマもやたら、バニーなわけで

子供の頃から、バニー=崇高

そのように、洗脳されてきた気がします。

 

日本人特有の、アメリカ文化への憧れもあるでしょう。

 

 

 

イメージは、高級ガールズバー

Copist

バー並木の、イメージは高級ガールズバーですね。

 

ガールズバーといえば、バーを挟んで女性。

その女性が、お酒にお付き合いして、おしゃべりします。

 

それの高級版というイメージ。

 

高級感漂う内装。

安酒でなく、ちゃんとしたお酒。

 

大人な男性がいっても十分なクオリティです。

実際に、お客さんの中で、僕らが一番若かったです。

 

 

 

バニーガールは、20歳〜30歳くらい

6216f61b

バニーガールは、1人に1人付くようです。

 

僕らは、3人でいったので、常時2〜3人が付いていました。

 

数名とお話しましたが、みなさんお昼の仕事があり、

バニーガールは、本職ではないとのこと。

 

大学生、派遣OLさん、看護師さんなどいました。

 

なぜか、無駄毛の話しで盛り上がりました。

パイパンについてどう思うかとか。笑

 

カールズバーに、初めて行ったのにもかかわらず

とても楽しめたので、接客レベルは素晴らしいと思いました。

 

 

 

気になる料金は、1人1万円ちょい

Copist

3人で1時間半くらい滞在

3万円超でした。

 

システムは、以下のとおり。

・1時間半で席チャージ6500円です。

・自身の食べ飲み代金

・女性のドリンク代

・税+サービス料15%加算

・女性は、ドリンクは1杯1000円

 

女性ドリンクは必ず飲んでよいか聞かれます。

そちらも予算に入れておたほうが良いでしょう。

 

普通に飲む程度なら

1人15000円を超えることはないでしょう。

 

銀座の街で、ちょいと面白いところへ

チープな雰囲気でなく、大人な雰囲気なところへ

ウイスキー飲みながら、バニーガール

そんな気分の時は、オススメです。

 

 

 

毎日遊びまわって、生きる方法

 

僕が、ここまで遊んでいられるのも、

経済的自由と、時間的自由を手に入れているからです。

 

もしも、ビジネスを学んで、自由を得たいなら、

僕のメルマガで、ビジネスを教えていますので、

登録して見てください。

 

大島享無料公式メルマガ、登録はこちら

                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


最短で自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ