無料オファーアフィリエイトの歴史からみる、消える人の特徴


as100203_01

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

今回は、『無料オファーアフィリエイトの歴史から見る、消える人の特徴』です。

こちらは、無料オファーアフィリエイトが大流行した時に、僕が作った動画です。

 

 

 

動画の中で紹介している記事はコチラです。

無料オファーアフィリエイトとは?

マスターマインドセット

以下の文章で内容は把握出来ます。

更に深く理解したい方は、動画を合せてご視聴下さい。

 

無料オファー纏めページは閉鎖しました。

 

僕がまとめページをやめた理由は、単価が低すぎて稼ぎにならないからです。

 

また、無料オファーが流行し過ぎたため、稼げなくなって来たという理由もあります。

 

 

なぜ、この動画を残しているのですか?

 

今回この動画を残している理由は、

 

1、物事を多角的に見る能力を養って欲しい。

2、流行に左右されること

3、流行に左右されないこと

 

 

無料オファーアフィリエイトの歴史

 

無料オファーアフィリエイトは、2012年ごろから大流行しました。

そして、2014年8月でのとても有効な手法です。

 

2012年頃、多くのアフィリエイターが挙って、

無料オファーアフィリエイトに取組みました。

 

そして、その場限りの数万円、数十万円、なかには、数百万円を手に入れました。

 

・無料であると言う気軽さ

・2012年当時の目新しさ

 

これらが重なって、多くのアフィリエーターが紹介しまくったのです。

 

多くのアフィリエイターが『このメルマガオススメです』『このメルマガ最高です』

と謳って、SNS・ブログ・メルマガで紹介しまくったのです。

 

 

多角的視点を身につける。

 

多くの人が『このメルマガいいですよ』と紹介しているさなか、

ここに纏めておいたので勝手に登録してくださいという紹介方法は斬新でした。

 

無料オファーを紹介する際に、

必ず自分が1度登録しなければならない、制度を利用した、画期的な方法だったのです。

 

多くの人のやり方を、マネしない。

無料オファーという同じ方法を使いながらも、差別化した方法が、この纏めページだったのです。

 

全く、同じアフィリエイトの取組みながらも、

全く違う見せ方が出来ると言う事をここで学んで頂ければと思います。

 

 

流行に左右される事

 

2012年ごろ、一斉を風靡した無料オファーアフィリエイトですが、

徐々に、飽きられる事になり、無料オファーアフィリエイトは衰退して行きます。

 

もちろん、今でも有効な手段に一つではあります。

 

しかし、見境無く、良し悪し関係なく、紹介しまくった人が多かったので飽きられてしまったのです。

 

それと同時に、見境無く無料オファーを紹介していた、

アフィリエイターは稼げなくなり業界から消えて行くのです。

 

 

 

流行に左右されない事

 

無料オファーバブルらしからぬものが終了した後に、生き残った人がいます。

 

それは、流行に左右されないスキルを磨いた人です。

・マーケティング

・コピーライティング

・ブランディング

といった、古典的かつ永久普遍のスキルを身に付けた人は生き残ったのです。

 

 

今回の動画は、2013年初頭に撮影したもので、

僕はこの段階で、『マーケティング』『コピーライティング』の重要性を説いています。

 

これらのスキルがあれば、

無料オファーアフィリエイトが廃れようが、次に何が流行しようが、

永続的に稼げて行きます。

 

真っ当に、顧客に感謝され、報酬を頂く方法こそ、

流行に左右されずに継続的に稼ぎ生き残るすべということです。

 

 

無料オファーに対する現在(2014年)の大島のスタンス

 

無料オファーアフィリエイトについては、

未だに非常に有効な手法である事は間違いありません。

 

そして、僕自身が素晴らしいと思ったものは、メルマガで紹介するつもりです。

 

メルマガの読者に役に立つ、または仲間(コミュニティメンバー)の役に立つものであれば、紹介します。

 

良いモノは、紹介する。

これが本来あるべき姿だし、自然です。

 

一時のバブルや流行は理解して利用するもであり、踊らされるものではありません。

 

僕らは、バブルや、流行を上手く利用しつつ、本質的ビジネススキルをアップして行きましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

まだ、時間があるかたは関連記事も読んでみてください。


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


幸せな自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ