ファーストクラスで「ドバイ」に行ってきました!


S__49283115

 

どうも、ノマドライフを送る、大島享です。

 

 

クライアントさんや、仕事関係の友人と

ドバイに行ってきました!

 

エミレーツ航空の、ファーストクラス

(往復180万円相当)で、行ってきました。

 

エミレーツの、ファーストは人生初で、

エミレーツは、航空会社の格付け、1位と言われ

最高のサービスだったので、そちらは別途

ファーストクラス体験記として、こちらに記載しました。

 

この記事では、ドバイ現地レポをしますね。

 

 

ドバイ

 

936d834e071f6083e47c85b670ecddc2
 

ドバイは、アラブ首長国連邦(UAE)の、中心都市の一つで、

世界一のものがたくさんあり、 世界屈指の観光都市にもなっています。

 

今回は、3泊5日で、行ってきました。

 

短めですが、結構充分、楽しめました。

 

 

 

ブルジュ・ハリファ

 

S__49283123
S__49283121
S__49283120
 

高さ世界一のタワーなので、まさに、絶景です。

 

東京タワーは333m、スカイツリーは634mですが、

ブルジュ・ハリファは、828mあります。

 

展望台は、

・124階の「AT THE TOP」

・148階まで行く、VIP専用の「AT THE TOP SKY」

の、2種類がありました。

 

ちなみに僕らは、VIP専用の「AT THE TOP SKY」に、行きました。

 

VIP専用だと、わざわざ並ぶ必要が、ありません。

ラウンジで、コーヒーとお菓子を食べながら、エレベーターの順番を待ちます。

 

展望台も、148階の、VIP専用フロアで見ます。

ラウンジに続き、ここでも、ウェルカムドリンクが、出てきます。

 

並んでいる、一般の方を横目に、我々は一切並ばないという、

金で、何でもできる国だと、思いました。

 

「なんであいつら、並ばないんだ」的なことを、

一般の方が、スタッフに、質問していたのですが、

普通にスタッフが、「モアマネー(たくさん払ってるからだ)」と、

さも当然のように、言っていました。

 

お金の感覚が、 日本人的感覚とは、ずいぶん違いますね。

 

 

 

ドバイモール

 

11_px400
 

ブルジュ・ハリファの入り口が、ドバイモールにあります。

ドバイモールは、「世界一大きいショッピングモール」と、言われています。

 

特に買い物はしませんでしたが、大きい水槽がありました。

 

ただ、ぶっちゃげ、沖縄の「美ら海水族館」の方が、

凄いので、特にあまり何も、思わなかったです。

 

水族館が好きな人は、好きだと思います。笑

 

 

 

ドバイ宝くじ

 


 

ドバイは、宝くじも、スケールが、大きいです。

 

1億が当たるくじ、高級外車が当たるくじ、高級バイクが当たるくじと、

3種類ありましたが、もちろん、1億のやつを買いました。

 

ジュメイラ・ビーチホテルにある、デューティーフリーで、買いました。

空港にも、あるみたいです。

 

当選確率は5000分の1なので、ひょっとして・・・?

と、思わせてくれます。笑

 

ちなみに、外車やバイクが当たるくじは、

約1000分の1の、当選確率のようです。

 

 

 

シェイク・ザイード・グランド・モスク

 

S__49283114
S__49283125
S__49283126
S__49283124
S__49283133
S__49283116
 

映画「セックスアンドザシティ2」の舞台にもなった、

アブダビの「シェイク・ザイード・グランド・モスク」にも、

行ってきました。

 

 

ここのモスクは、とにかくキレイでした!

中東に来た感じも出ますし、 豪華なので、SNS映えもします。

 

世界一の絨毯もあり、思わず寝転びたくなってしまいます。

 

アブダビにあるので、ドバイから少し離れています。

ドバイから2時間程度で着きます。

スワンナプーム空港から、パタヤまで、くらいです。笑

 

さすがに、産油国なので、ガソリンが無税で安いらしく、

タクシーとかは、日本の3分の1くらいの感覚でした。

 

 

 

デザートサファリ

 

S__49283135
S__49283137
S__49283138
S__49283134
S__49283136
S__49283141
S__49283140
S__49283139
S__49283142
S__49283131
 

中東の醍醐味といえば、定番ですが、砂漠です。

市街地から、30分くらいなので、行きやすいです。

 

ジープ、ラクダ、バギーに乗りました。スリル満点です。

ターバンを巻いたガイドさんも、ノリが良く、とても良い人でした。

 

夜はシーシャ(水タバコ)を吸ったりもしました。

ドバイに行ったら、砂漠は必須ですね。

 

 

 

ゴールド・スーク

 

S__49283118
S__49283117
 

黄金の商店街「ゴールド・スーク」にも、行ってきました。

金だらけで、ピカピカ眩しかったです。

 

僕は特に何も買っていませんが、

まさにドバイを象徴する市場なので、

一度は行ってみた方が、良いですね。

 

 

 

世界一のオンパレード。規模がヤバい。

 

S__49283132
S__49283119
 

写真を、見てもらえれば、分かる通り、

それぞれ、スケールが大きくて、圧倒されます。

 

現地の人とは、あんまり絡みませんでしたが、

みんなやはり、ターバンをしていたのが、印象的です。

 

女性も男性も、実際に見ると、

あれはあれで、おしゃれですね。

 

非常に暑いので、サングラスと、

日焼け止めは、必須です。

 

食べ物は普通に洋食を頂きました。

そんなに食べ物の物価が高い印象は、なかったです。

 

 

 

ホテル

 

S__49283122
S__49283127
S__49283128
S__49283129
S__49283143
 

今回、5つ星ホテルとなる、

シャングリラホテル・ドバイで、宿泊しました。

 

もちろん、広くて、非常に快適でした。

 

ただ、アトランティス・ザ・パームや、バージュ・アル・アラブ等の、

ドバイ独特のホテルが、他にあるので、

そっちの方が、ドバイに来た感じがすると思うので、オススメです。

 

世界中にある、5つ星ホテルよりは、

そっちの方がよいかなと、思います。

 

 

 

男同士の旅行には、不向きかも。

 

ドバイは、アラビア感は薄く、いわゆる都会の観光地です。

 

香港、シンガポール、ニューヨークあたりと、

同じ感じです。

 

高級なものであったり、都市型の旅が、

好きな人には、良いかと思います。

 

僕は、どちらかというと、リゾートや、

ネイチャー系が好きなので、いまいちでした。

 

いわゆる風俗も無いので、男同士の旅行では、

オススメできません。笑

 

ただ、1度は行ってみて、

世界一の規模を体感した方が、良いと思います。

 

 

 

結婚しても、子供がいても、自由を謳歌しています。

 

僕は、経済的自由と、時間的自由を、手に入れています。

 

そのため、好きな時に、好きな場所で、好きな仲間と、

自由に、旅をすることができます。

 

 

仕事の仕組みを、構築しているので、

ドバイ旅行の間にも、毎日入金されていました。

 

 

もしも、ネットビジネスを学んで、経済的自由や、時間的自由を得たいなら、

僕のメルマガで、ビジネスを、教えていますので、

登録してみて下さい。

 

 

大島享無料公式メルマガ登録は、こちら


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ