【画像付】バンコク人気ゴーゴーバー「バカラ」体験記|遊び方、料金



どうも、世界中のナイトスポットを巡る

自由パパの、大島享(おおしまとおる)です。

 

先日、クライアントさんや、スタッフと一緒に、

タイのパタヤ&バンコクに、行ってきました!

 

バンコクには、ゴーゴーバーや、カラオケ

マッサージパーラーなどの風俗がありますが、

今回は、夜遊び、ゴーゴーバーや、カラオケ

について解説してきたい思います。

 

人気ナンバーワンのゴーゴーバー、

「バカラ」のレポを中心に。

 

 

 

バンコク、ソイカーボーイゴーゴーバー、「バカラ」


今回、バンコクで人気ナンバーワンのゴーゴーバー、

「バカラ」に行ってきました。

 

 

バンコクは、ゴーゴーバーが多く、

夜にとても、盛り上がっている場所が、あります。

 

 

それが、ソイカウボーイ、

ナナプラザ、パッポン通りの、3カ所です。

バカラは、ソイカウボーイの、一番奥にあります。

 

 

場所は、地下鉄アソーク駅の3番出口、

もしくは、スクンビット駅の2番出口を出て、

すぐのところに、あります。

ホテルから、タクシーで行くのが便利です。

 

 

営業時間は、19時過ぎから、深夜1時ごろです。

ピークは、22時前後1時間位です。

早すぎても人が少ないし、遅すぎると美女が持ち帰られて

いなくなってしまうので、時間はわりと重要です。

 

 

ゴーゴーバーと言われても、

日本では馴染みのない、お店です。

 

 

基本的に、お客さんは、真ん中にあるステージの

周りに座って、お酒を飲みます。

 

 

真ん中のステージで、水着もしくは、裸の女の子が、

50人くらいいて、それぞれ音楽に合わせて、

エロい、ポールダンスを、しています。

楽しみ方は、3通りあります。

 

 

 

①居酒屋的な楽しみ方 (僕は、ここまで楽しんでます)


きれいなおねえちゃん達が、

ポールダンスをしているので、

それを見て、お酒をチビチビ飲むだけでも、楽しめます。

 

 

それだけだと、とても健全なので、

女性のお客さんが、来ていることもあります。

 

 

僕も含めですが、自分の家庭がある人は、

ここまでで、止めておきましょう。

 

 

ちなみに、 バンコク「バカラ」の場合、

ビールは一杯、約500円くらいでした。

 

 

パタヤより、ちょっと、高めですが、

非日常体験を味わえると思えば、十分安いです。

 

 

ちなみに、チャージは不要なので、

中に入るだけなら、無料です。

 

 

中に入って、盛り上がってなかったら、

違うゴーゴーバーに行くのも、自由です。

 

 

自分に合った、ゴーゴーバーを見つけるのも、

楽しいですね。

 

 

 

②キャバクラ的な楽しみ方


お気に入りの女の子がいれば、

指名することもできます。

 

 

指名して、女の子に一杯奢ると、

お酒の相手をしてくれます。

女性に奢るドリンクは、約200B(約600円)です。

 

 

バカラは、2ドリンク制なのか

女性を呼んだら2杯飲んでいました。

 

 

日本のキャバクラに比べたら、格安過ぎますね。

しかも、基本的には、セクハラをしても、問題ありません。

 

 

仲良くなっちゃえば、

格安で、イチャイチャできちゃいます。

仲良くなり方法は、下記に記載しておきますね。

 

 

 

③卑猥な楽しみ方


女の子を、お持ち帰りすることもできます。

 

バカラの場合の、お持ち帰り(ペイバーや、バーファインと言います)は

お持ち帰りは、お店に払うペイバー代、女性に払うチップが必要です。

 

ペイバー代の目安は、1000B程度です。

バカラの場合は、600Bですが、女性に奢っている2ドリンクもあるので

結果的には、1000Bです。(約3000円)

 

女性へのチップは、

ショート3000B(約9000円)

ロング6000B(約21000円)です。

 

ショートは、1回発射

ロングは朝までというのが基本です。

しかしならが、このあたりは交渉の余地があります。

 

 

深夜であればショートで朝までいたという

オイシイ体験談を聞くこともありますし

ロングでも朝の何時までいるのか?

このあたりは、事前に確認しておくのが良いでしょう。

 

 

ロングなのに、1回でずーと寝られたなんて話も聞くので

お金や、サービスについてはある程度事前確認しましょう。

 

 

お持ち帰りせずとも、お店でチビチビ、

お酒を飲んで、語り合うのも楽しいですし

気があれば、ホテルに持ち帰るのも良いでしょう。

 

 

ゴーゴーバーは、観光地化しているので

女性のお客さんも多くて、

飲みに行くだけなら、気軽に行けるのが良いですよ

 

 

 

女の子の、レベルが高い!


「バカラ」は、バンコクで、

人気ナンバーワンの、ゴーゴーバーです。

 

 

好みもあるかもしれませんが、バンコクは、

パタヤよりも、女の子のレベルが高いです。

 

 

よく、パタヤの子の方がピュアで、

バンコクは擦れていると、言われていますが、

そんなことはなかったです。

※パタヤゴーゴーバー遊び方の記事はこちら

 

 

タイガールとの、

コミュニケーションの取り方が、

分かっていれば、問題ないですね。

 

 

コミュニケーションのとり方(仲良くなる方法)

仲良くなるコツは3つです。

 

1、綺麗なファッションで

日本人にとっては、南国観光なので

ハーパン、Tシャツになりがちですが、

キレイめなパンツ、白シャツなど綺麗なファションで行きましょう。

 

2、愛をささやきまくる

タイ女性は、ピュアなので愛を囁くと良いです。

スワーイ(←美人)ナンバーワンとかでもオッケーです。笑

嘘くさいくらいでもオッケーなので、言いまくりましょう。

 

3、相手が自分のことを気に入っているか?

指名して一杯飲む。

その前に確認したいことは、先方がこちらを気に入っているかです。

何度も目が合うとか、愛想が良いかを事前に確認しましょう。

そのあたりを確認してから、指名したり、持ち帰るのが良いでしょう。

 

綺麗な身なりで、愛をささやき、アイコンタクトって

古今東西、一緒じゃんって思いますが、、、笑

 

こういったお店だからこそ、しっかりしていれば

他人に差をつけやすいですね。

 

 

ゴーゴーバー番外編:コッカトゥー coclcatoo


タイと言えば、ニューハーフというイメージがありますよね。

ニューハーフと、女性は基本、お店が違うので、混ざっていることは無いです。

 

 

街のバーなので、ナンパする場合なんかは、どっちか分からない場合も

稀にあるので、そこは要確認なのですが、ゴーゴーバーは混じっていません。

 

 

そんで、バカラの向かいにある、コッカトゥー(cokatoo)は

超絶美しいニューハフが揃っています。

 

折角のタイバンコクなので、思い出づくりのためにも

ニューハーフの美しさを体験するためにも、ぜひ行ってみて欲しい

お店なので、番外編として紹介しました。

 

 

 

ゴーゴーバー以外の、夜遊び


 

バンコクでは、ゴーゴーバー以外にも、タニヤ通りという、

日本人向けの、カラオケが多い場所もあります。

 

場所は、地下鉄サラデーン駅から徒歩1分、

もしくは、シーロム駅から徒歩5分くらいのところに、あります。

 

 

雰囲気としては、若い女の子が多い、

日本のスナックのようなお店で、

日本語が上手な女の子と、カラオケで遊ぶことができます。

 

 

もちろん、ゴーゴーバーと同様、

お持ち帰りすることも、できます。

 

 

こちらは、カラオケ代とお持ち帰り料含めて

ショートで3000バーツ程度、ロングで6000バーツ程度を

見積もっておけば、十分遊べます。

 

 

トータルで考えると、ゴーゴーバーよりは割安ですし

日本語を話せる女性が多いので、初心者にはオススメです。

 

 

ゴーゴーバーだけではなく、

色々な遊びができるのも、バンコクの魅力ですね。

カラオケについてはまた詳しく書きますね。

 

 

バンコク同様に、人気があるタイの夜遊び地区

パタヤビーチのゴーゴーバーのはこちら

個人的には、リゾート感があるパタヤはオススメです。

 

 

 

パパでも、ゴーゴーバーで豪遊するには

僕は、自宅で

1日1時間で、月100万円以上稼ぎ

経済的、時間的に、自由です。

 

普段は、家にいて、家事も育児もして

家にお金も、沢山入れます。

 

奥さんも、ご機嫌です。笑

 

だから、世界中・日本中を旅して

ナイトスポット巡りが、許されています。笑

 

あなたも、結婚後も、遊びたいなら

僕の無料メルマガで、学んでみてください。

 

経済的・時間的自由人になる方法を、教えています。

収入アップ率100%のネタを配信中です。

大島享無料公式メルマガは、こちら

※6000名以上が購読中!

 

 

 

バンコクで遊び回る、大島享って何者?

「元々は全く普通の会社員」

「毎日悶々としながら過ごしていました」

「そんなある日・・・」

 

「◯◯◯を知ることに」

その◯◯◯で

普通の会社員が、世界中で昼夜遊びまわる自由人になった物語

 

プロフィール漫画はこちら

※漫画は、アクセス後、少し下にスクロールしたところから、読めます。


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


幸せな自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ