世界最強地上サービス体験「タイ航空ファーストクラス搭乗記(タイ→日本)」



どうも、PC1台自由人の、大島享です。

タイ航空ファーストクラスに乗ってきました。

 

 

タイのスワンナプーム空港から、

名古屋中部国際空港セントレアまで。

 

とても、快適な空の旅だったので

ファースクラスドヤ!!!をしたいと思います。笑

※僕が写ってるのを撮り忘れたので↑は

タイ航空ビジネスクラスの写真です。

 

 

空港の入り口から、ファーストクラス専用


タイのバンコク、スワンナプーム空港には

ファーストクラス専用の、車付けがあります。

 

こちらには、スタッフが待機しており

車まで駆け寄ってきて、荷物を持ってくれます。

既に最高の気分です!

ファーストクラス搭乗者は、空港内で

自分で荷物を、持つことはありません。

 

タイ航空の、地上サービスは世界一とも

言われており、飛行機搭乗前に至れり尽くせり

これを体験したくて、ファーストを取りました。

 

 

搭乗手続き、荷物チェックもVIP


搭乗手続き、荷物チェックは

すべて、ファーストクラス専用です。

 

ガラガラの、ソファー(写真左下)に座っていれば

全て終了し、チケットが発券されます(写真右下)。

ファーストクラスチケットの「F」が眩しい!!

 

 

スワンナプーム空港の、ロイヤルファーストラウンジ


ラウンジは高級感溢れ、居心地抜群です。

食事、ドリンクはフリーで、食べ飲み放題。

フルーツと、チーズの盛り合わせ、タイ料理、シャンパンと

タダ飯なので、ここぞとばかりに栄養をつけます。笑

 

1人に対して、写真右下の、専用半個室があります。

1人で使うには、広すぎでした。

 

スワンナプーム空港ロイヤルファーストラウンジは、

ここでは語り尽くせないので、別途ラウンジ専用の記事を書きます。

 

 

ファーストクラス搭乗者へは、オイルマッサージが無料で付く


ラウンジには、スパが併用され、ファースト搭乗者には

60分のスパサービスが、無料で付きます。

 

豪華な空間で、スパサービスを受け、

心身ともにリラックスして、飛行に備えます。

 

 

 

いよいよ機内へ、座席について


搭乗後すぐに、ドンペリ(写真左上)を

ビジネスには、ドン・ペリニヨンはありません。

 

ファーストならではの高級シャンパンに舌鼓!!

やはり、ドンペリはうまい気がします。

 

座席は、エコノミー「6〜8人分」を1人で使え

パジャマ(写真右下)や、アメニティも用意され

すべて持ち帰り可能です。

 

僕は、もちろん未使用で持ち帰り。笑

妻への献上品です。

※妻はそれをオークションで売ります。笑

 

 

タイ航空ファーストクラス機内食


ラウンジでも食いまくったけど、

機内でもしっかり食べます。

 

幼少期についてしまった、

貧乏根性は抜けません。

 

仮眠前に、スープと、塩ラーメン

起床後は、フルーツとパン、和食

銀鱈の味噌焼き御膳うまし!

 

片道のお値段、18万円程度で、

エコノミーの5倍くらいはするかと・・・。

しかし、その価値はありますね。

 

 

僕の場合は、このエアーチケットは頂きものです。

誰でも使える、とある権利を使って、頂きました。

メルマガでは、そんな裏ワザも配信しています。

 

 

 

日本中・世界中を、遊び尽くしたい!


僕は、元々会社員でしたが、

世界中を、遊び尽くしたい・・・。

その思いで、PC1台の副業から始め「独立」

 

日本中・世界中で、どこでも遊びに行けるように。

 

今では、僕のメルマガで学んだ仲間が

同じように、自由になっています。

 

あなたが、今「何かに縛られて」

この世界を、楽しみ尽くせていない。

そう感じているのなら、

僕の無料メルマガで学びましょう。

 

僕が「自由」を手にした方法を

誰でもわかるように、解説しています。

大島享無料公式メルマガ、登録はこちら

※5000名以上が購読中!

 

 

大島享の詳細プロフィールが漫画になりました。


以下のページを開いて、少し下にいくと

漫画を読むことが出来ます。

 

「元々は全く普通の会社員」

「毎日悶々としながら過ごしていました」

「そんなある日・・・」

◯◯◯を知ることに」

 

その◯◯◯

普通の会社員が、億万長者になった物語。

僕のプロフィールを

漫画の続きで、確認してみてください。

プロフィール漫画はこちら

※漫画は『期間限定』の公開です


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ