YESを引出す、一貫性の法則(フット・イン・ザ・ドア・テクニック)


スクリーンショット 2014-10-15 10.31.15

 

どうも、MacBook1台でノマドライフを送る、大島享です。

 

今日は「一貫性の法則」についてお伝えします。

 

それでは、動画をご視聴下さい。


以下の文章でも、内容を把握出来ます。

 

一貫性の法則とは?

 

社会心理学、購買心理学の世界で、使われている用語です。

 

人は、1度YESと、答える(コミット)すると、

同一内容の、より強力なオファーを、断れない。

 

1度目のYESの、一貫性を保とうとする為、

次のオファーが、断りにくく、なるという研究結果があります。

 

1度目の提案は、非常に簡単で、誰でもYESという、

そのような、提案を用意します。

 

その後で、本当の提案をして行くと言う、使い方をします。

 

 

よく例に、上げられるのは・・・

 

例えば、飢餓に苦しむ孤児の、寄付を依頼するとします。

 

1、簡単なアンケートを取る

2、その後寄付を依頼する

 

この、2段階で活用して行きます。

 

アンケートは、「飢餓に苦しむ孤児」を助けるべきだと思いますか?

このような、誰にとっても、YESという、アンケートをします。

 

その後で、「飢餓に苦しむ孤児」の寄付にご協力下さいと、

本来の、オファーを投げて行きます。

 

このようにすることで、本来の提案を、通りやすくします。

これが、一貫性の法則を活用した、代表事例です。

 

動画で紹介している「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」も

この方法を、活用した1つの事例です。

 

今日も、最後まで読んで頂きありがとうございます。

時間があるかたは、関連動画も読んでみてください。

                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


最短で自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ