【美女画像付】観光だけじゃないプーケットのゴーゴーバーは夜遊びの定番




 

どうも、世界中のナイトスポットを巡る

自由パパの、大島享(おおしまとおる)です。

 

先日、スタッフと一緒に、

タイ プーケットに行ってきました。

 

プーケットはアジアの

ビーチ天国として人気ですが、

実は夜の楽しみも充実しています。

 

今回は、僕やスタッフの

体験談を踏まえて、プーケットの

夜遊びを紹介していきます。

 

 

 

観光メイン、夜のちょっとしたお遊びに



プーケットは、日本からの直行便がなく、

基本的には、バンコク経由で行きます。

 

成田などの主要な空港から、

だいたい、8時間で到着します。

 

バンコクまでは6時間半、

バンコクからプーケットまでは

1時間20分くらいです。

 

そこから、プーケットのメインビーチ

パトンビーチまでは、空港からバスやタクシーで、

1時間〜1時間半くらいかかります。

 

バスは、120B程度(360円くらい)で、

タクシーは、800B程度(2400円くらい)です。

 

昼間はパトンビーチで遊んで、

夜はマーケットを物色するのが、

プーケットの定番の遊び方です。

 

マーケットで、欲しいものを物色したら、

次は、バングラ通りで女の子を物色しましょう。

 

バングラ通りは、主要なホテルから徒歩圏内の

パトンビーチのメイン通りの

ちょうど中間地点にあります。

 

ここバングラ通りに、

今回の夜遊びスポット、ゴーゴーバーがあります。

 

あまり夜遊び目的で、

プーケットに訪れる人はいないのですが、

そこにチャンスがあります(笑)

 

 

 

タイ プーケットのゴーゴーバーのある場所はソイ・シードラゴン



タイ プーケットのゴーゴーバーは、

ソイ・シードラゴンと呼ばれる、

バングラ通りのソイ(脇道)を中心に、10件程存在しています。

 

主要なホテルのほとんどは、

パトンビーチ沿いにあるので、

ソイ・シードラゴンも徒歩圏内です。

 

ソイ・シードラゴンには、

ゴーゴーバー以外にも、バービアやディスコなどの

夜遊びスポットが点在しています。

 

なので、カップルや、

女性だけの旅行者も多いです。

ほとんどのゴーゴーバーは、

19時過ぎにオープン。

 

翌3時過ぎまで、営業していますが、

客の入りが良いときは、4時くらいまで

営業してる店舗もあります。

 

 

タイ プーケットのゴーゴーバーの値段


綺麗な女の子を眺めながら、

酒を飲んで楽しむだけなら、

1000Bあれば(3000円くらい)

十分飲んで、お釣りがきます。

 

今の僕は、結婚しているので、

ここまでの楽しみで止めてます。

 

更に、ここから先の世界を楽しむ人は、

・ショート:飲み代を入れて6000B程度(18000円くらい)

・ロング:飲み代を入れて7000B程度(21000円くらい)

と、日本と比べれば格安です。

 

具体的には、

ビールが160〜180B(500円くらい)で

レディースドリンクが、

200〜250B(700円くらい)です。

 

女の子のお持ち帰り料として、

お店に払うバーファインは、

1000B程度(3000円くらい)かかります。

 

実際に、女の子に払うお金は

・ショート:4000B(12000円くらい)

・ロング:5000B(15000円くらい)

 

こんな料金で熱い夜が過ごせるので、

プーケットに行こうと誘うと、

毎回、男性スタッフの鼻息が荒いです(笑)

 

 

 

タイ プーケットのゴーゴーバー注意点



先日、友人が

初めてプーケットに行った時は、

 

夜遊びの相場が、分からなくて、

 

呼び込みに言われるがまま、

お店に入って、女の子を物色したそうです。

 

何杯かビールを飲んで、

席についてくれた女の子や、

その友達にも、お酒を奢って楽しんでいたら。。。

 

日本のキャバクラ並みに、

請求されてしまったようです。

 

プーケットは観光地なので、

値段が高いのは、仕方ないかな。

なんて思ったそうです。

 

しかし、翌日行った、

日本人向けのゴーゴーバーは、

同じぐらい遊んだのに、

料金が10分の1だったようです。

 

そこで、ボッたくられた。。。

と、気がついたようです(笑)

 

海外の基準なんて、

あってないようなものです。

 

ビールが1500B(4500円くらい)

ソフトドリンクが1000B(3000円くらい)

なんて、高額なゴーゴーバーもありますので

注意してくださいね。

 

あと、プーケットのゴーゴーバーは、

入店してから、ドリンクを注文する時に

料金を支払うシステムです。

 

パタヤやバンコクの

ゴーゴーバーは後払いですが、

プーケットのゴーゴーバーは、

先払いなので気を付けましょう。

 

そのおかげで、ボラれても

最初に気がつきますが。

 

また、店内では、カメラの撮影や、

携帯(スマートフォン)をいじる事はご法度。

 

LINEなどの、SNSや電話もダメ。

外で済ませておくか、

バッグにインが基本です。

 

これは、プーケットのゴーゴーバーの独自ルールです。

 

最後に、女の子のお持ち帰りですが、

プーケットは、営業時間が長いためか、

ロングが不可な場合が多いです。

 

なので、基本はショートで、

夜のちょっとした時間を

エンジョイする気持ちです。

 

長くダラダラやるより、

一発に全てを込めましょう(笑)

 

 

 

タイ プーケットのおすすめゴーゴーバー



ソイ・シードラゴンのゴーゴーバーで、

日本人に特にオススメなのは、

ディアブロと、クラブ・ラバーです。

 

ここでは、ぼったくられることもなく、

ドリンクも良心的な価格で、安心して楽しめます。

 

ディアブロは、全体的に若い娘が多く、

顔も日本人好みの娘が揃ってます。

 

ショートが3000B(9000円くらい)で、

ロングが4800B(14400円くらい)が相場です。

 

クラブ・ラバーは交渉次第で、

もっと安くすることも出来ます。

 

これは僕のスタッフが、

ゴーゴーバー慣れしてるのもありますが(笑)

 

 

 

タイ プーケットの女の子を連れ込むおすすめホテル



無事に女の子のお持ち帰りに成功したら、

 

ソイ・シードラゴン至近の

エレガンシー・サンサバイ・ホテルか、

リコズ・ホテル・パトンがオススメです。

 

どちらも1人分の料金で、2人まで宿泊できる、

ジョイナーフィーがフリーのホテルです。

宿泊料金も相場より安いです。

 

 

 

タイ プーケット ゴーゴーバーのまとめ


プーケットのゴーゴーバーは、

全体的に、女の子のノリが良く、

店内のサービスも、バンコクやパタヤより積極的です。

 

昼は観光を楽しんで、

ロングのお持ち帰りが、あまりできないので、

 

バービアやディスコなど、他の夜遊びも満喫しましょう。

 

これから、タイ旅行に行く

また、ちょっとVIPなエロ旅が

したい方は、

VIPなタイ旅行体験談

レポもしているので

参考にしてもらえばと思います。

 

 

パパでも、タイのプーケットで豪遊するには


僕は、自宅で

1日1時間で、月100万円以上稼ぎ

経済的、時間的に、自由です。

 

普段は、家にいて、家事も育児もして

家にお金も、沢山入れます。

 

奥さんも、ご機嫌です。笑

 

だから、世界中・日本中を旅して

ナイトスポット巡りが、許されています。笑

 

あなたも、結婚後も、遊びたいなら

僕の無料メルマガで、学んでみてください。

 

経済的・時間的自由人になる方法を、教えています。

収入アップ率100%のネタを配信中です。

大島享無料公式メルマガは、こちら

※6000名以上が購読中!

 

 

 

タイのプーケットで遊び狂う、大島享って何者?

「元々は全く普通の会社員」

「毎日悶々としながら過ごしていました」

「そんなある日・・・」

 

「◯◯◯を知ることに」

その◯◯◯で

普通の会社員が、世界中で昼夜遊びまわる自由人になった物語

 

プロフィールは、こちら

 

 


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ