【ドラマ、CMロケ地】青野原キャンプ場 野呂ロッジで、バーベキューしてきました!


image4-4
 

どうも、ノマドライフを送る、大島享です。

 

先日スタッフと、青野原キャンプ場 野呂ロッジで、

バーベキューを、してきました。

 

今回は、 青野原キャンプ場 野呂ロッジのレポをします。

 

 

 

 

 

青野原キャンプ場 野呂ロッジ

 

s__57491480
s__57491482
dsc00289
image6-3
image1-3
image1-1
 

青野原キャンプ場 野呂ロッジは、

神奈川県 相模原市に流れる、

清流「道志川」沿いに、あります。

 

飛び込み岩もあって、雰囲気たっぷりの、

青いヘリコプターが、目印になっている、キャンプ場です。

 

ドラマや、CMのロケ地としても、よく使われていて、

綾瀬はるか、剛力彩芽、嵐の櫻井翔などの芸能人が、訪れていたようです。

 

ただ、その割には、あまり混んでおらず、 空いていました。

 

お盆の時期は、結構混んでいますが、

それ以外だと、比較的空いています。

穴場スポットですね。

 

キャンプ場の、場所は、

圏央道・相模原インターチェンジより、約15分、

もしくは、中央自動車道・相模湖インターチェンジより、

約20分のところに、あります。

圏央道からだと、比較的行きやすいです。

 

ちなみに、東京駅からだと、車で、

約1時間15分のところに、あります。

 

都心から比較的近いのも、いいですね。

泊まりでのキャンプはもちろん、

ここでは、日帰りでの、バーベキューができます。

 

日帰りの場合、料金は、

大人は500円、

子供(小学生以下)は、200円です。

 

ちなみに、宿泊の場合は、

バンガローか、テントサイトで、選べます。

 

バンガローの場合は、

1泊の基本料金が、大人1名800円、子供1名500円で、

プラス、バンガロー料金を、払います。

 

バンガロー料金は、1泊6000円から、32000円まで、

広さによって、変わります。

 

テントサイトは、

1区画(4名まで)で、1泊4000円です。

 

また、トイレは、水洗トイレもあるので、

女性でも、安心です。

 

 

 

 

 

川でも遊べて、直火OKのキャンプ場

 

image4-3
image2-4
image3-3
image1-4
image2-5
image3-4
 

川には、魚が、たくさんいました。

メダカが取れましたし、マス釣りもできます。

 

マス釣りは、10匹放流して、

1名、3500円です。

 

釣り竿、えさ、仕掛けは、

キャンプ場の方が、準備してくれます。

 

これは子どもが、喜びますね。

 

子どもと遊べるスポットが、たくさんあるので、

今度、娘を連れてこようと、思います。

 

もちろん、川で、泳ぐこともできます。

 

飛び込み岩は、ビルの3階くらいの位置から、飛び込む感覚で、

見た目以上に、スリル満点です。

 

川の水量が浅くなると、結構危ないので、

飛び込みは、自己責任でお願いしますね。笑

 

キャンプ場のスタッフに聞いたら、

飛び込んだことないと、言っていました。

 

他にも、飛び込める場所が、あるので、

低い所にしても、いいですね。

 

今回は行きませんでしたが、

20分ほど歩くと、滝もあるそうです。

 

最近では、直火を禁止としている、キャンプ場が多いんですが、

ここは珍しく、直火でのバーベキュー、OKでした。

 

薪、炭、調味料等が売店で、販売されているので、

荷物は、食材だけで、大丈夫です。

 

炊事道具も、レンタル可能です。

 

ゴミは持ち帰る必要がありますが、そのおかげで、

川のクリーンさを、保っているのかもしれませんね。

 

キャンプ場の、バーベキューは、

とても混んでいる、イメージがありますが、

ここは穴場なので、人も多くなく、

のんびり自然を、満喫することが、できました。

 

次は、娘を連れて、

川遊びしようと、思います。

 

 

 

 

 

行きたい時に、行きたい場所で、過ごせるようになるには?

 

僕が、行きたい時に、行きたい場所で、過ごしているのは、

経済的自由と、時間的自由を、手に入れているからです。

 

経済的自由と、時間的自由を、手に入れたら、

バーベキューにも、いつでも行けるように、なります。

 

もしも、ビジネスを学んで、自由を得たいなら、

僕のメルマガで、ビジネスを教えていますので、

登録してみて下さい。

 

 

大島享無料公式メルマガ登録は、こちら


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


幸せな自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ