【元遊郭】大阪・飛田新地の料亭「鯛よし百番」で忘年会してみた。

 

どうも、世界中のナイトスポットを巡る

自由パパの、大島享(おおしまとおる)です。

 

先日スタッフと一緒に

大阪・飛田新地にある料亭「鯛よし百番」で、

忘年会を行いました。

 

飛田新地は、日本最後の遊郭と呼ばれる、

大阪の風俗です。

 

大正時代の雰囲気を残しており、

タイムスリップしたような感覚を味わえます。

 

そんな異空間な飛田新地に、唯一(?)存在する料亭、

「鯛よし百番」は、一体どんなお店なのか?

気になったので、忘年会で、利用してみました。

 

 

 

飛田新地は、世界遺産に指定されるべき場所

飛田新地は、「ちょんの間」と言われる、

15~30分で、本番をする、風俗です。

 

ただし、この規制に厳しい現代を生き抜くために、

カテゴリとしては、風俗ではなく、料亭になってます。

 

料亭で、料理を出す仲居さんと、恋に落ちて、

なぜか(?)いきなり、本番が始まりますwww

 

いやあ、不自然なほどのヤリ●ンですね。お互いに。笑

建前として、申し訳程度の、お菓子とお茶が出てきます。笑

 

スタッフがよく、料亭で仲居さんと「フォーリンラブ」しているので、

その時の体験レポもありますw

 

 

 

飛田新地で、唯一食べログに掲載されている料亭が!

 

そんな飛田新地の料亭ですが、

実は唯一、食べログに掲載されている、

恋に落ちる心配のない、料亭があります。

 

知る人ぞ知る人気料亭、「鯛よし百番」です。

 

大正時代に、遊郭として利用されていた当時の建物を、

そのまま料亭として使っているため、

当時の名残がそのまま残っています。

2000年には、国の有形文化財に登録されました。

 

 

 

鯛よし百番への行き方

鯛よし百番は、大阪市西成区の飛田新地の中にあります。

最寄り駅は「新今宮駅」「動物園前駅」で、徒歩約10分です。

迷ったら、スマホのナビで「鯛よし百番」と入れれば、出てきます。

 

近くの、西地区あいりん地区は、日雇労働者や、

ホームレス、浮浪者が多く、治安が悪かったことで有名です。

最近は改善されてきていますが、

近づかない方が無難でしょう。

 

それに比べて、飛田新地の中は安全なので、

安心してください。

 

 

 

鯛よし百番の営業時間、定休日

 

鯛よし百番の営業時間は、

17時~23時(22時半ラストオーダー)です。

昼はやっていません。

 

月曜が定休日ですが、12月はやっているようです。

 

もし月曜に利用したい場合は、

念のため電話で確認するのが良いでしょう。

 

 

 

料理の値段(料金・価格)、コース

料理は、鍋料理か、会席料理です。

 

鍋料理は、378円のお通しに加えて、

・ちゃんこ鍋(味噌味):2700円

・和風カレー鍋:3024円

・鯛ちり鍋(ポン酢):3240円

・寄せ鍋(鰹だし):3240円

・すきやき(国産和牛):3564円

・特選百番鍋(鰹だし):4860円

 

のいずれかを選び、プラス、下記をセットで追加できます。

全て税込み価格です。

 

・オードブルセット(1人前):1080円

・お造りセット(1人前):1080円

・オードブル&お造りセット(1人前):1728円

 

ちなみに会席料理は、和食のコース料理を指します。

カジュアル会席:4320円

会席(5000円):5400円

会席(6000円):6480円

 

事前に電話で、コース予約しておく必要があるので、

詳細も電話で質問すれば、丁寧に説明してくれます。

 

ドリンクは別料金です。

写真のメニューを参考にしてください。

写真にはありませんが、ハイボールもあります。

486円でした。

 

僕は今回、寄せ鍋と、お造りセットにしました。

合計1人4320円プラス、ドリンク代でした。

 

寄せ鍋は、豚肉、鶏肉、ハマグリ、鯛、海老など

色々な具材が入っていて、

出汁も美味しいので、おすすめです。

 

 

鍋料理の場合、雑炊かうどんが付いてきます。

料理によっては、雑炊のみの場合もあるようです。

今回の寄せ鍋は、雑炊を頂きました。

味が染み込んでいて、絶品でした。

 

 

 

店内の様子、感想

大正時代に遊郭として建てられた建物が、

そのまま残っているだけあり、雰囲気は抜群です。

 

「千と千尋の神隠し」にも出てきそうな、異空間な世界が楽しめます。

 

席は個室のみとなっており、座敷になります。

田舎のおばあちゃん家に来たような雰囲気で、

落ち着きます。

 

※忘年会の写真。僕は居心地よすぎて、寝てしまいました。笑

 

ただ、電話で予約した際の店員さんは丁寧でしたが、

今回接客していた店員さんはなぜかスリランカの方で、

日本語がなかなかうまく通じず、微妙でした。

 

 

 

おすすめの利用方法

僕は今回、スタッフとの忘年会で、

鯛よし百番を利用しました。

 

「飛田新地で、忘年会」です!笑

 

せっかく飛田新地にある料亭なので、

百番の予約時間の1時間くらい前に飛田新地で遊んでから、

百番を集合場所にするのが、おすすめです。

 

忘年会が、反省会になって、盛り上がれますw

 

 

 

注意点

 

前述の通り、コース制なので、予約必須です。

到着時間が読めず、夜8時半くらいに着くと思いますと伝えたら、

「8時半~9時の間に開始」で、予約してもらえました。

 

多少は臨機応変に対応してもらえそうですが、

お店に迷惑をかけないためにも、

念のため電話で、事前確認しておいた方が良いでしょう。

 

また急に人数が変更となった場合は、

当日朝10時までなら可能とのことでしたが、

こちらも念のため、電話で確認をとっておいた方が確実です。

 

また、鯛よし百番は大丈夫ですが、

飛田新地の街並は、写真撮影禁止です。

無断で撮影すると、怖いおじさんが出てくるようなので、

絶対にやめましょう。

 

 

 

パパでも、飛田新地で豪遊するには


僕は、自宅で

1日1時間で、月100万円以上稼ぎ

経済的、時間的に、自由です。

 

普段は、家にいて、家事も育児もして

家にお金も、沢山入れます。

 

奥さんも、ご機嫌です。笑

 

だから、世界中・日本中を旅して

ナイトスポット巡りが、許されています。笑

 

あなたも、結婚後も、遊びたいなら

僕の無料メルマガで、学んでみてください。

 

経済的・時間的自由人になる方法を、教えています。

収入アップ率100%のネタを配信中です。

大島享無料公式メルマガは、こちら

※6000名以上が購読中!

 

 

 

飛田新地で遊び回る、大島享って何者?


「元々は全く普通の会社員」

「毎日悶々としながら過ごしていました」

「そんなある日・・・」

 

「◯◯◯を知ることに」

その◯◯◯で

普通の会社員が、世界中で昼夜遊びまわる自由人になった物語

 

プロフィール漫画はこちら

※漫画は、アクセス後、少し下にスクロールしたところから、読めます。


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

 

自由人になるための、大島享の公式メルマガ