2年で売上300倍!アパレルブランド「juemi」juri社長の自分らしさをシゴトにする覚悟とは


どうも、自分らしく自由に生きる、大島享です。

 

先日、

アパレルブランド、juemi社長の「juriさん」の

セミナーに行ってきました。

 

 

中卒、23歳の女の子が、

大人気インスタグラマーなり

 

 

いかにして、

2年で売上を300倍にしたか・・・。

 

 

細かいテクニックは、

色々聞いたものの、まとめると

徹底的な「お客様目線」

 

 

何を欲していて、

何がしてあげられるか。

そこを、徹底的に考えている。

 

 

そして個人的にも、

最も印象的だったのは

『勇気を持って、情熱を注げることだけをやる』

juriさんの言葉でした。

 

 

情熱・勇気・やる

この3つのワードが「ポイント」かなと

 

 

 

情熱

 

情熱があることをやる。

 

 

決しても、儲かるとか

儲からないでなく

自分のエネルギーが最大発揮できる。

 

 

そんな場所を

見つけるのが大切ですね。

情熱があれば、道は開けます。

 

 

 

勇気

 

ビジネスをやっていると、

誘惑があります。

 

 

こっちのほうが儲かる、

この方法が簡単、などなど。

 

 

アパレルであれば

質が落ちても、原価の安い

工場を使うことも出来るかもしれません。

 

 

そういった、誘惑に目を向けずに、

自分が、これだっと思うものに集中する。

 

 

1点集中には、勇気がいる。

なぜなら、

1点集中して失敗したら

めちゃくちゃ傷つくから。

 

 

アレも、コレもやって

どれも中途半端にやっていたら

自分に、言い訳できる。

 

 

本気じゃないからって

言い訳できる状況は、楽です。

 

 

自分を信じて

100%コミットするって

めちゃくちゃ「勇気」が必要です。

 

 

でも勇気出して

本気で傷つきに行くから

出会える人がいたり、

見える景色があるって思います。

 

 

 

やる(行動)

 

思うことは、誰でも出来る

自分探しの旅をしたり

自問自答し、続けることって、

いつまでも出来るんですよね。

 

 

しかし、行動してみて

初めて、分かることは多い。

 

 

やってみて、

・実は向いてない

・面白くなかった

・飽きた

そんなことだらけです。

 

 

僕は特に、飽きっぽいから。笑

 

 

すぐ辞めても良い。

気持ちが変わっても良い。

 

 

だから、

まずやってみるのが良い。

 

 

やっているうちに

情熱が持てることに

たまたま出会ったりするもんです。

 

 

 

テクニックは、やっているうちに身につく

 

23歳の女の子が言う

『勇気を持って、情熱を注げることだけをやる』

この言葉は、すごく深い。

 

 

チャレンジした人だけが、

わかるそんな世界からの言葉。

 

 

ちょうど、先日まで

『自分を知り、21日間のワーク(行動)で、自分を生きる』

という、テーマの講座(ウラノス)を販売していました。

 

 

そのテーマと、今回の内容が

かなり被る部分があって、

心に染み渡るセミナーでした。

 

 

ウラノスは、お陰様で、

自分至上最高の700予約突破、

人数限定のコースについては

発売後、即完売でした。

ありがとございます。

 

 

参加された方は、

一緒に楽しみましょう~。

次回募集は未定です。


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ