成田空港で唯一、プライオリティパスで利用できる「KALラウンジ」の感想(利用条件、 場所、営業時間)



 

どうも、ノマドライフを送る、大島享です。

先日、家族でグアムに遊びに行ってきました。

その際に成田空港で、大韓航空ラウンジ「KALラウンジ」を利用しました。

今回はその、レポをします。

 

 

成田空港で唯一、「プライオリティパス」が利用できるラウンジ


一部出典:https://www.instagram.comより

KALラウンジは、大韓航空のファーストクラス、

プレステージクラスを利用する人向けのラウンジですが、

「プライオリティパス」を持っていれば、

他の航空会社を利用した人でも、入れます。

 

成田空港で搭乗手続きを終えた後、

唯一「プライオリティパス」で利用できる、

貴重なラウンジです。

「ダイナーズカード」でも、利用できます。

 

今回僕も、大韓航空を利用していませんが、

「プライオリティパス」を使って、利用しました。

利用できる対象者は、以下の通りです。

 
・大韓航空ファーストクラス、プレステージクラス利用の方

・スカイパスミリオンマイラークラブおよびモーニングカームプレミアムクラブの会員(および同行者1名)

・スカイチームエリート・プラスメンバー(および同行者1名)

・スカイパスモーニングカームクラブ会員

・Priority Pass /Airport Angel /Lounge Club Card /Diners Club Card会員
 

場所、営業時間


出典:https://www.narita-airport.jp/jp/map/?terminal=1&map=3より

KALラウンジは、

成田空港第1ターミナル3Fの

26番ゲート近くにありますが、

少し分かりにくいかもしれません。

 

パスポートコントロールを抜けたら、

26番ゲートに向えば、

近くにKALラウンジがあります。

地図の赤丸の部分が、KALラウンジです。

 

営業時間は、朝7:35〜20:50です。

21時以降はやっていないので、深夜便の方は注意して下さい。

 

 

ラウンジ内の様子


一部出典:https://www.instagram.comより

ラウンジ内は、あまり人が多くなくて、

落ち着いた雰囲気でした。

 

全体的にシンプルな作りになっていて、

大きい窓があり、外には飛行機が見えます。

フライト前にくつろぐには、充分だと思います。

 

奥にファーストクラス専用スペースがありましたが、

個室というわけでもなく、あまり違いは見られませんでした。

 

 

食べ物、飲み物


 

飲み物は、ソフトドリンクはもちろん、

アルコールも飲み放題です。

 

生ビールは、一番搾りと

バドワイザーの2種類から、選べます。

セルフのビールサーバーが置いてあり、

グラスを置いて、ボタンを押せば生ビールが完成します。

 

他にも、ワイン、日本酒、

ウイスキー、ブランデーがありました。

 

食べ物は、 パン、おにぎり、

カップラーメン、柿の種など、

主に軽食が、置いてありました。

 

カップラーメンは、持ち出して、

日本食が恋しくなった時に、食べました。

 

おにぎりも、持ち出しました。

海外には、子供が食べれない物が多いので、

おにぎりは、重宝しますね。

 

柿の種は、個別包装されているので、

機内で食べても良いですね。

 

 

日本中・世界中を、遊び尽くしたい!


僕は、元々会社員でしたが、

世界中を、遊び尽くしたい・・・。

その思いで、PC1台の副業から始め「独立」

 

世界中で、夜遊び「三昧」できるように。笑

今では、僕のメルマガで学んだ仲間が

同じように、自由になっています。

 

あなたが、今「何かに縛られて」

この世界を、楽しみ尽くせていない。

 

そう感じているのなら、

僕の無料メルマガで学びましょう。

 

僕が「自由」を手にした方法を

誰でもわかるように、解説しています。

大島享無料公式メルマガ、登録はこちら

※5000名以上が購読中!

 

 

大島享の詳細プロフィールが漫画になりました。


以下のページを開いて、少し下にいくと

漫画を読むことが出来ます。

 

「元々は全く普通の会社員」

「毎日悶々としながら過ごしていました」

「そんなある日・・・」

◯◯◯を知ることに」

 

その◯◯◯

普通の会社員が、億万長者になった物語。

 

僕のプロフィールを

漫画の続きで、確認してみてください。

プロフィール漫画はこちら

※漫画は『期間限定』の公開です


                    

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


自由人になるための、大島享の公式メルマガ

大島享メルマガ


サブコンテンツ

このページの先頭へ