どうも、

自由に生きる

大島享です。

 

先日、オーストラリア

ブリスベンに、

仕事で、行ってきました。

 

 

 

 

羽田からオーストラリアへ ANAビジネスはいくら?

羽田-オーストラリア間で

どれくらい、かかるか?

解説をしていきたいと思います。

 

ローシーズンの

時期で

 

※画像は、ANA  HPより

 

調べてみるとFlex Plusで

 

322,060円
(片道の値段)

 

Full Flex Plusで

457,560円
(片道の値段)

 

Flex Plus往復の合計は

だいたい645,020円です。

 

 

60万円以上の

価値があるのか

 

早速レポをしていきたいと

思います。

 

 

 

ANA 羽田空港 国際線ターミナル(ビジネスクラス)

 

羽田空港について、

さっそく

搭乗手続きですが

 

やっぱり

ビジネスクラスは早い。

 

エコノミーだと

激混みの時もあるので

やはり

ビジネスは便利です。

 

さくっと

手続きしてくれて

ストレスなく終わりますね。

 

 

 

ANAビジネスクラス 羽田空港 ラウンジ(内観)

 

今回利用した

羽田のANAラウンジは

2箇所あるビジネスラウンジのうち、

 

110番ゲート付近

にあるラウンジです。

 

 

朝から深夜まで

オープンしているラウンジです。

 

 

利用時間は

 

●110番ゲート付近のラウンジ

→5:00~ANA運航最終便出発まで

 

●114番ゲート付近のラウンジ

→6:30~13:30 / 20:00~25:00

 

となっています。

 

 

ANAのラウンジの

インテリアは

黒を基調としていて

落ち着きます。

 

 

羽田 ANAラウンジの、食事は美味しくて種類も充実


フード類もビュッフェ形式の

食事とヌードルバーもあり、

食べ物、お酒ともに、なんでも揃っています。

 

僕はラウンジで

 

・シャンパン1杯

・日本酒1杯

・サラダ

・ANAカレー

・シュウマイ

 

を頂きました。

とても美味しかったです。

 

 

 

羽田 ANAラウンジ 利用資格

 

このANAラウンジは、

誰でも利用できる訳では

ありません。

 

利用条件は、

  • ANA、スターアライアンス便ファーストクラス利用者と同行者1名
  • ANA、スターアライアンス便ビジネスクラス利用者
  • ANA、スターアライアンス便利用のスターアライアンスゴールド資格保有者と同行者1名
  • プレミアムエコノミー利用者
  • ANA、スターアライアンス便利用の有料ラウンジ会員及び同行者1名

※SFC保有者ならスターアライアンスゴールド扱いなので入室可能

 

となっています。

 

 

今回、

ビジネスクラス利用なので

ラウンジを

使うことができました。

 

 

 

(失敗談?)羽田 スイートラウンジの設備紹介と シャワー利用はお早めに!

※写真はANA HPより

 

ラウンジの設備は

アメニティー付きの、

シャワールーム完備です。

シャワールームやアメニティを完備し、

ビジネスサポート機能も備えています。

 

上の写真はビジネス用の個室で、

ここでパソコンを利用して仕事ができます。

 

他にもマッサージチェアなどもありました。

※写真はANA HPより

 

 

シャワールームですが、こんな感じのようです▼

 

実は、今回シャワーを浴びて

スッキリして搭乗したかったのですが

時間に間に合わず諦めました。。。

 

夜、シャワーを浴びる前は

 

搭乗時間の1時間以上前に
シャワーを利用したい旨を
伝えたほうがよさそうです。

 

僕の場合、30分前だと

すでに8名待ちで入れませんでした。。。

 

夜間フライトが

集中する時間だと、

 

1時間以上

待ちの時間ができるようです。

 

深夜便の

経験が少なかったと

ファーストクラスで

スイートラウンジ利用が

多いので、これは盲点でした。

 

ANAラウンジの夜の

シャワーは1時間前と

覚えておきましょう。

 

 

 

オーストラリアへ、ANAビジネスクラス(NH879)に搭乗!

 

ラウンジを満喫後、

搭乗時間になったので、

飛行機に乗ったところ、

今回のビジネスクラスの席が

とても、広々していました。

 

座席は非常に広く、

完全にフラットになるので、

睡眠も快適です。

 

 

今回搭乗した機体は

B787なのですが

こちらの機体は

フルフラットシートを互い違いに配置した、

スタッガードシート配列を採用しています。

 

シートを倒しても、

前にスライドをするタイプの席なので

後ろの人を気にせず、

シートを倒すことができます。

 

エコノミーだと

後ろに倒れるので

後ろの人に気を使いますよね。

 

夜便で

しっかり寝たい時は

ビジネスクラスはオススメです。

 

睡眠が本当に快適です。

 

長い飛行時間でも

起きたら、着いている感じですね。

 

 

ちなみに

どの席からでも

直接通路に出ることができる、

全席通路側スタイルも

お気に入りのところです。

 

フルフラットイメージ
※写真はANA HPより

 

全席通路側スタイル
※写真はANA HPより

 

ときどき、

 

「ビジネスクラスって

どの飛行機もいいんでしょ?」

 

って聞かれますが

実はそんなことはありません。

 

 

北京に行った時に乗った

ビジネスクラスの

席は、ここまで広くありませんでした。

 

 

ちなみに、こちらが北京に行った時の

ビジネスクラスの写真です。

※画像は過去に、北京に行った時に乗ったビジネスクラスの画像です。

※画像は過去に、北京に行った時に乗ったビジネスクラスの画像です。

北京に行った時に乗った

ビジネスクラスの座席は、

新幹線のグリーン車のような席でした。

 

 

同じ、ビジネスクラスでも

ここまで、席が違います。

 

 

ハワイ行きで乗った

ユナイテッドエアー

ビジネスクラスは

全席通路側でなかったので

 

トイレに行くのも

隣の人に、申し訳なくなりました。

【ハワイ30万】ユナイテッドエアービジネスクラス搭乗記|成田→ハワイホノルル経由→マウイ島

 

もう少しビジネスクラスを

詳しく解説していきたいと思います。

 

まずは、アメニティですが

ビジネスクラスにもなると

ちゃんとしたケースに入っています。

 

そして、

中身はこんな感じ。

快適な旅を

サポートしてくれます。

 

ほんと普通にいいものばかりです。

 

 

座席の前の画面も大きくて

見やすく、立派なヘッドホンもついています。

また、

席にはユニバーサルタイプのPC電源と

USBポートもあります。

※写真は ANA HPより

 

フルフラットの

シートで足も伸ばせて休めて、

大きな画面で、映画を楽しめます。

 

 

 

羽田-オーストラリア ビジネスクラス(NH879)の機内食を解説

 

 

そして、

離陸をしたら、

楽しみな機内食

 

離陸前に、

ウェルカムシャンパンを

頂きました。

 

 

機内食は、

和食と洋食の2種類から

選べます。

 

和食と洋食の

メニューの詳細ですが、

ANAのホームページに

ビジネスクラスの

機内食のメニューが載っていたので

こちらに、紹介をさせてもらいます。

 

【和 食】

〜前 菜〜

蟹味噌豆腐

雲丹烏賊焼き

鶏レーズン松風

ブロッコリーえごま味噌掛け

 

〜主 菜〜

白甘鯛餅蕪蒸し 香り餡掛け

俵御飯

 

味噌汁、香の物

フルーツ

 

【洋食】

〜アペタイザー〜

ローストビーフとスパイス風味の野菜

真鯛のマリネと蟹サラダ

 

〜メインディッシュ〜

チキンのソテー タオチオと胡桃のソース

 

〜ブレッド〜

バゲット もち粉の海苔ブレッド

 

〜デザート〜

デザートプレジールシュクレ

 

 

 

今回僕は、和食を選びました。

 

上の写真が、

今回僕が選んだ機内食の

和食御膳ですが、

 

出発前のラウンジでも、

カレーとサラダを食べていたので

ちょうど良い量でした。

 

味は、もちろん

美味しかったです。

 

そして、

機内食を食べた後は

お酒も、飲みました。

 

飲めるお酒のメニューも

シャンパンや、ワイン、日本酒、焼酎と

色々な種類があります。

 

今回は

響ハイボール

をいただきました。

 

良いウイスキーで作る

ハイボールは格別です。

お酒を飲んで

気持ちが良くなったので

そのまま就寝

 

 

翌朝の朝食は

軽めにしてフルーツと

コーヒーを選びました。

 

もちろん、

ガッツリ朝食を頂くこともできますし

アラカルトも頼めます。

 

お酒も、機内食も、

とても美味しく

ビジネスクラスは居心地が

本当に良かったので

 

 

あっという間に

シドニー到着です。

 

機内が名残惜しい。

 

そんな最高の

体験を約束してくれますよ。

 

 

 

オーストラリア シドニーからブリスベンへ!乗り換え時間に注意!

シドニーに到着後

国内線ターミナルに

移動して乗り換えて

ブリスベンに向かいます。

 

乗り換えにかかるのは

2時間

もかかるようです。。。

 

やっぱり

海外での

乗り継ぎは大変です。

 

僕はビジネスクラスだったので

プライオリティのタグが付いているので

1番に荷物も出てきて、

1時間で、乗り換えができました。

 

ビジネスクラスだと

こういった

待ち時間なども短縮できて

快適です。

 

▼プライオリティタグはこちら▼

 

 

 

ANA羽田〜オーストラリア ブリスベン(シドニー経由) まとめ

今回、仕事で

オーストラリアのブリスベンに

行ってきました。

 

シドニー経由で行きましたが、

シドニーまでの時間は

だいたい10時間ほどでした。

 

その10時間を

ラウンジ

ビジネスクラスで

気持ち良く

過ごしました。

 

 

同じ10時間でも

エコノミー

ビジネス

それとも

ファースト

で、過ごすのか

 

全く違う時間と

思い出になります。

(シドニー行きに、ファースト設定はなし)

 

10時間レベルの

フライトですと

ファーストクラスは格別です。

【ドイツ280万】ANAファーストクラス搭乗記|東京羽田空港・ドイツフランクフルト間

【LA180万/動画あり】ANAファーストクラス搭乗記:「成田」から「ロサンゼルス」経由で、ラスベガスへ

【ドバイ180万】エミレーツ航空ファーストクラス搭乗レビュー:成田ードバイ往復

 

移動も、旅の一部

ぜひ、楽しんでください。

 

 

自由に生きるには

 

僕は、元々会社員でしたが

・自由らしく

・自由に生きる

を、目指して独立し、

自由になることが出来ました。

 

いまでは、

ほぼリタイヤ状態で

家族と、のんびり暮らしています。

 

その経験をまとめた

無料メルマガは、10,000人以上に

読んでいただいており

 

読者さんから

自由人を、多数輩出しています。

 

自由になるための、

正しい手順を、学びたい方は

無料メルマガを読んで見てください。

 

大島享無料公式メルマガ、登録はこちら

※10000名以上が購読中

※銀行口座も、公開中