どうも、

PC1台で自由に生きる「大島享(おおしま とおる)」です。

 

渓流釣りで、大怪我をした経験から

安全で、楽しい釣行をして頂きたく

ブログを書いています。

 

今回は、奥多摩の日原川、小川谷の支流、カロー谷という

ポイントへ、渓流釣りに行ってきたので

早速、レポしていきたいと思います。

 

奥多摩 日原川の小川谷支流、カロー谷の場所を解説

 

※画像は、https://www.fishing-okutama.com/release/から引用。

 

今回、僕が行った、日原川の小川谷の支流、カロー谷の

場所ですが、上の地図の赤枠で囲った部分が

カロー谷になります。

 

かなり、山深い場所にあり、

アクセスは、相当、悪い場所にあり

 

僕の携帯は、圏外でした。

 

では、そんなカロー谷の釣行を

早速、レポしていきたいと

思います。

 

 

 

【電車でのアクセス】日原川、小川谷の支流、カロー谷へのアクセス

 

今回行った、日原川、小川谷の支流カロー谷の

電車でのアクセスですが、

最寄りの駅は、奥多摩駅になります。

 

ただ、奥多摩駅から、日原川の小川谷までは

相当、距離があり

バスで、行かれる事をオススメします。

 

近くのバス停は

鍾乳洞というバス停が近くにあり、

バス停から、今回行ったポイントまでは

徒歩で、30分から40分くらい

あれば、行けます。

 

ただし、土日祝日は

鍾乳洞には、バスは停まらず

手前の東日原のバス停までしか、バスは行きません

ので、ご注意下さい。

 

ちなみに、東日原のバス停から

鍾乳洞まで、徒歩で18分ほど

かかります。

 

 

 

【車でのアクセス】日原川、小川谷の支流カロー谷へのアクセス

 

次に車での行き方ですが

 

最近は、奥多摩までは、

圏央道も開通して、

 

都内からでの、アクセスも

とても、行きやすくなっています。

 

ただ、この日原川の支流

小川谷に向かう途中に

日原鍾乳洞という、

人気の観光スポットがあり

 

土日は、時間帯によっては

非常に道が、混み合うので

車で行かれる方は、なるべく早い時間に

行かれる方が良いです。

 

観光シーズンは、

時間帯によっては、大渋滞をおこし

全く、動かない事も、よくあるので

行かれる時間帯は、気をつけて下さい。

 

それと、車で行かれる方は

駐車場があるのか、心配される方も

多いと思うので、駐車場について

解説をしていきたいと思います。

 

 

 

奥多摩、日原川、小川谷の支流カロー谷の付近の駐車場を解説

今回、ご紹介する駐車場は

上の地図で、日原鍾乳洞臨時駐車場

と記載されている駐車場です。

 

こちらの、コードをグーグルマップに

入れてもらうと、場所が出てきます。

→ 35.841469, 139.045851

 

こちらの駐車場は、500円で

車を止められ、上の画像のように

お金を払う場所があります。

 

ちなみに、こちらの駐車場から

今回行った、日原川、小川谷の支流カロー谷までは

距離があり、1時間、近く歩きます。

 

今回、行った日原川の小川谷

支流カロー谷に行かれる方は、

 

結構、歩くので、歩く時間も

計算して、釣行の計画を建てる事を

オススメします。

 

ちなみに、僕は

仲間内だけの秘密の場所に駐車

しました。

 

 

日原川、小川谷の支流、カロー谷での釣果は!?

今回は、僕の友人と

カロー谷を攻めて、きました。

 

まずは、小川谷と、カロー谷の合流地点より

ちょっと上流へ行った場所から

入渓できそうだったので

そこから、入渓しました。

 

入渓場所は、高低差があり

結構、危ない場所だったのですが

なんとか入渓し、渓流釣りスタート。

 

 

ルアーは、スミスのDコンタクト(シンキングミノー)

で、スタートしました。

 

ルアーで、落ち込みや、流れの緩くなっている場所を

攻めると、早速 チェイスがあり。

 

魚の活性も良いみたいなので

今日は、期待できそうだと思い

そのまま、釣り登っていくと

 

ヤマメがヒットしました。

大きさにして、20cmちょっとでした。

幸先の良いスタートだと

ここまでは、思ってました。

 

その後、釣り登っていくも

ルアーは、チェイスなし。

 

しばらく、反応が無い状態が続きます。

見るからに、良さげなポイントも

反応は、なし。

 

ちなみに、この日は

朝5時くらいから、釣りをスタートしていて

カロー谷の先行者は、いませんでした。

 

そして、入渓してから

1時間ちょっと登っていくと

滝が。。。

 

滝壺も、反応なし。

結局、この滝は左から高巻きをして行けば

超えられそうだったのですが

 

少し、危険な感じも、したので

カロー谷は、これで終了しました。

 

また、カロー谷の上流へいく事があれば

追記をしていこうと思います。

 

また、僕は、小川谷にも

釣りに行って、レポをしているので

興味ある方は、そちらも

見て頂ければと思います。

【2020 奥多摩】日原川の支流、小川谷へ、渓流ルアー釣りをしてきました。


補足ですが、日原川、小川谷支流のカロー谷は

漁業券が必要なので、必ず購入しましょう。

 

 

 

好きな時に釣りに行く、大島(おおしま)とは?

ブログ情報を参考に、

安心安全な釣行を楽しんでください。

 

僕(大島享・おおしまとおる)は、

PC1台で独立して、

きままに生きています。

 

経済的、時間的、場所的に自由で

釣れそうな時は渓流へ

 

その他は、育児をしながら

たまに仕事をする生活を送っています。

 

元々は、残業

月100時間超えの

会社員で、釣りに行きたいのに

仕事で行けない・・・

 

そんな、日常を送っていましたが

スローライフに憧れて、

副業に取組み、自由になれました。

 

僕のメルマガでは、

副業から初めて、

自由になった具体的な方法

収入を100%UPさせるネタを

お伝えしています。

 

運営期間は8年以上

登録者は10,000人を超え

ご好評を頂いています。

 

興味があれば、以下のページで

詳細を解説しているので読んでみてください。

 

大島享公式メルマガの、詳細はこちら