どうも、自分らしく自由に生きる

大島享(おおしまとおる)です。

 

先日、仲間たちと、マイルを使って

ビジネスクラスで、台湾に行ってきました。

 

台湾と羽田間は

飛行機に、乗っている時間は4時間くらいと

短いのですが

とても、良かったので、レポしていきたいと思います。

 

 

 

台湾から羽田へ ANA マイルだといくらかかる?【値段とマイルを比較】

 

羽田から台湾だと

シーズンによって、かかるマイルも違いますが、

僕が行ったのは、11月末に行って、

帰りは、12月の頭に帰ってきました。

 

いくら、台湾から羽田で

どれくらい、マイルがかかるか?

解説をしていきたいと思います。

 

※画像は、ANAホームページから引用

 

マイルに関しては、行く時期によって

必要なマイルは、変わります。

 

画像の、Zone 3(アジア1)が

台湾エリアのマイル数の記載がある項目に

なります。

 

今回、僕が台湾から羽田に戻ったのは

ローシーズンになり、黄色の枠で囲った部分が

ローシーズンの枠になります。

 

また、緑枠で囲った

Cの部分は、ビジネスクラスを意味しています。

 

今回は、ローシーズンのビジネスクラスという事で

青枠の35000マイルで、乗る事ができました。

 

 

では、マイルでなく

普通にお金を支払って、乗ったらいくらかかるのか?

今回と同じく、ローシーズンの時期で

ちょっと調べてみました。

 

※画像は、ANAホームページから引用

 

調べてみるとFlex Plusで

86,690円

 

Full Flex Plusで

112,890円でした。

 

今回、僕は、マイルで行ったので

実質、タダという事で、マイル様様でした。

 

では、早速

台湾の台北松山空港のラウンジから

レポをしていきたいと思います。

 

 

 

台湾の台北松山の空港VIPラウンジ(ANA)に到着

台湾の台北松山空港に到着をして

まずは、ラウンジに行きました。

 

台湾のVIPラウンジの場所は、

台北松山空港の2Fにあります。

 

※https://www.tsa.gov.tw/tsa/ja/psg_viproom.aspxから引用。

 

上の地図の赤いピンのVIPの場所が

今回行ったVIPラウンジになります。

 

VIPラウンジの営業時間は

5時30分〜20時30分までです。

 

そして、VIPラウンジの室内ですが

とても、広々していて、快適です。

 

ちなみに、このVIPラウンジは、誰でも利用できる訳では

ありません。

 

利用条件は、

 上の写真の、航空会社のビジネスクラス搭乗者

 上の写真の航空会社の上級会員 ※同伴者1名も可能です。

■ ワンワールドの上級会員 ※同伴者1名も可能です。

 スターアライアンスの上級会員 ※同伴者1名も可能です。

 スカイチームの上級会員 ※同伴者1名も可能です。

 

 

今回、僕はビジネスクラスを利用したので

VIPラウンジを使える事ができました。

 

ちなみに、今回は、このVIPラウンジに1時間くらい

滞在をしていました。

 

 

 

台北松山の空港 VIPラウンジは、料理も充実

今回、行ったVIPラウンジの料理は

とても、充実をしていました。

 

写真は、料理の一部ですが、

パスタや、フルーツ、カレーや

サンドイッチやケーキなど色々な種類があります。

さらに、飲み物も

アルコールもあり、至れり尽くせりです。

 

画像は、ビールが写っていますが

コーラや、りんごジュースなど、ソフトドリンクも

充実しています。

 

 

ちなみに、今回、僕は

台湾といえば、小籠包なのですが、

肝心の小籠包を、食べ忘れてしまったので

 

小籠包とカレーと

キノコの入ったスープを食べました。

味は、カレーは、大きめに切った野菜のカレーで

とても美味しかったです。

 

小籠包とスープも

とても、美味しく頂けました。

 

また、このVIPラウンジでは

台湾でも、名物のルーローハンも食べれます。

 

ちなみに、ルーローハンは

知っている方も多いと思いますが、

 

台湾のローカル料理で、とても美味しくて

台湾に行ったら、一度は食べる事をオススメする

料理です。

上の画像を見てもらうと分かるのですが

ラウンジでは、

ルーローハンの作り方が

日本語で書いてあります。

 

日本語と言う所が、嬉しいですね。

そして、これが、ルーローソースで

このソースをご飯にかけて、ルーローハンが完成です。

 

台湾にきて、ルーローハンを食べ忘れてしまった方は

VIPラウンジで、食べてみるのも良いと思います。

 

ご飯に、ルーローソースをかけるだけ

なので、簡単に作れます。

 

 

台湾から、羽田へ、ANAビジネスクラス(B787)に搭乗!

VIPラウンジを満喫した後、

飛行機の搭乗時間になったので、

飛行機に乗ったところ、今回のビジネスクラスの席が

とても、広々していました。

 

昔、北京に行った時に乗ったビジネスクラスの

席は、ここまで広くありませんでした。

 

ちなみに、こちらが北京に行った時の

ビジネスクラスの写真です。

※画像は過去に、北京に行った時に乗ったビジネスクラスの画像です。

※画像は過去に、北京に行った時に乗ったビジネスクラスの画像です。

北京に行った時に乗ったビジネスクラスの

座席は、新幹線のグリーン車のような席だと思ったのですが

 

今回の、台湾のビジネスクラスの席とは

あまりに違っていたので

 

同じ、ビジネスクラスでも

ここまで、席が違うのかと、驚きました。

 

では、今回乗った、ビジネスクラスの席を詳しく解説

していきたいと思います。

 

まずは、足元ですが、とても広々しています。

そして、モニターも大きめで

とても、見やすいです。

さらに、席と席の間に

仕切りがあるので、プライベートも守られて

とても、快適でした。

ちなみに、このシートは

ANA BUSINESS CRADLEと言う名前で

シートを倒しても、前にスライドをするタイプの席なので

後ろの人を気にせず、シートを倒すことができます。

 

よく、後ろの方に倒れる席だと

後ろに座っている方が気になって

席を、なかなか倒せない方も、多いと思いますが

 

そういった方でも

こちらの席は、後ろに座っている方を気にしないで

倒せるので、気兼ねなく、ビジネスクラスを

堪能できると思います。

 

また、席にはユニバーサルタイプのPC電源と

USBポートもあります。

 

それと、席には

パナソニックのヘッドホンとスリッパもありました。

足も伸ばせて、隣の人と自分の席の間に仕切りも

あり、後ろの方を、気にせず、席も倒せるので、

とても、快適に過ごす事ができました。

 

 

 

台湾から羽田 ビジネスクラス(B787)の機内食を解説

 

 

そして、いよいよ離陸をしたら、

台湾から羽田は、距離が近くて

飛行時間も、だいたい4時間くらいなのですが

軽い機内食がでます。

 

機内食は、和食と洋食の2種類から

選べます。

 

和食と洋食の

メニューの詳細は、上の写真に記載があります。

 

今回の、僕は、和食を選びました。

 

 

上の写真が、機内食なのですが

僕は、出発前のラウンジでも、カレーと

小籠包やスープを、飲食していたので

ちょうど良い、量でした。

 

味は、もちろん

美味しかったです。

 

そして、機内食を食べた後は

お酒も、飲みました。

 

ちなみに、飲めるお酒のメニューも

シャンパンや、ワイン、日本酒、焼酎と

色々な種類があります。

 

ちなみに、メニューがこちら。

僕は、お酒は、芋焼酎と

真澄という日本酒を頂きました。

 

機内食を食べ終わり、

お酒も軽く飲んでいたら、羽田への到着時間が

近づいて来たので、最後に、コーヒーも

飲みました、

 

お酒も、機内食も、とても

美味しく、ビジネスクラスは居心地が

とても良かったので、もうちょっと

 

ビジネスクラスを堪能していたかったのですが

あっと言う間に、羽田につきました。

 

台湾は、食べ物も美味しく

とても、楽しかったので、また行きたいと

思いました。

 

今回は、台湾でしたが、

僕は、他の国にも、ファーストクラスや

ビジネスクラスで、旅行に行ってます。

 

その一部をご紹介させてもらうと

 

▽ドイツにファーストクラスで、行った記事

【往復280万円】ANAファーストクラス搭乗記|東京羽田空港・ドイツフランクフルト間

 

▽ドバイにファーストクラスで、行った記事

往復180万円!!エミレーツ航空ファーストクラス搭乗レビュー:成田ードバイ往復

 

他にも、色々、ビジネスクラスや

ファーストクラスで、旅に行っているので

興味ある方は、見てみて下さい。

 

 

 

1ヶ月で300万、累計600万マイルの陸マイラー

陸マイラーという言葉は知っていますか?

飛行機を乗らずに、マイルを貯めて

マイルで飛行機に乗る人のことを言います。

 

大島は、陸マイラーで

累計600万マイルを獲得しているために

飛行機は、すべてマイルで乗っています。

(累計600万超えは1年以内)

 

600万マイルは、ファーストクラスで

世界30周分程度にあたります。

そのため、飛行機代は、1円も払っていないです。

 

今回のチケット定価280万円も、

マイルノウハウを駆使して、0円です。

 

マイルノウハウに関しては、

メールマガジンでシェアしています。

大島享無料公式メルマガ登録はこちら

 

 

 

パパでも、海外で豪遊するには


僕は、自宅で

1日1時間で、月100万円以上稼ぎ

経済的、時間的に、自由です。

 

普段は、家にいて、家事も育児もして

家にお金も、沢山入れます。

奥さんも、ご機嫌です。笑

 

だから、世界中・日本中を旅して

ナイトスポット巡りが、許されています。笑

 

あなたも、結婚後も、遊びたいなら

僕の無料メルマガで、学んでみてください。

 

経済的・時間的自由人になる方法を、教えています。

 

収入アップ率100%のネタを配信中です。

大島享無料公式メルマガは、こちら

※6000名以上が購読中!