どうも、

PC1台で自由に生きる「大島享(おおしま とおる)」です。

 

渓流釣りで、大怪我をした経験から

安全で、楽しい釣行をして頂きたく

ブログを書いています。

 

今回は、多摩川の羽村堰上流へに

渓流釣りに行ってきたので

早速、レポをしていきたいと思います。

 

 

奥多摩 多摩川の羽村堰上流の場所を解説

※奥多摩の多摩川の釣り場案内はダウンロードは、こちら

こちらの地図を元に、記事を書いてますので、漁協地図を必ずダウンロードして下さい。

 

今回、僕が行った羽村堰上流のポイントですが

上の漁協地図の、青枠で囲った部分が

今回、行ったポイントになります。

 

最寄りの駅は、ちょっと

離れているのですが、青梅線の

羽村駅になります。

 

 

 

【電車でのアクセス】多摩川の羽村堰上流へのアクセス

 

次に電車でのアクセスですが

最寄りの駅は、先ほど、お伝えした通り

青梅線の羽村駅になります。

 

青梅線の羽村駅は、

新宿から、早いと50分位で行けるので

とても、アクセスの良い場所に

あります。

 

今回行ったポイントまでは、上の地図で

ある通り徒歩で、22分と、少し離れた

場所にあります。

 

 

 

【車でのアクセス】多摩川の羽村堰上流へのアクセス

 

次に車での、羽村堰上流のポイントまでの

アクセスですが

 

最近は、圏央道も開通して

都内からでも、アクセスが、非常に

良いです。

 

ただ、車で行かれる方が

一番、気になるのは、車を停める場所だと

思いますので、これから

 

今回、僕が停めた

駐車場についての、解説もして

いきたいと思います。

 

 

多摩川の羽村堰上流の付近の駐車場を解説

今回、僕が停めた駐車場は

上の地図の、赤いピンの

大多摩観光グランドの河川用駐車場

になります。

 

こちらのコードを、グーグルマップに

入れてもらうと、今回、僕が停めた

大多摩観光グランドの河川用駐車場の場所が

でてきます。

→35.759641, 139.295712

 

ここは、上の画像にある通り

河川ご利用の方、専用の駐車場に

なっており、目の前が

 

多摩川の土手なので、

入渓も、非常に楽です。

 

 

 

多摩川の羽村堰上流の入渓ポイントは?

次に、今回、僕が

羽村堰上流のポイントに入渓した

場所ですが、上の地図の赤いピンの

場所が、入渓したポイントになります。

 

こちらのコードを

グーグルマップに入れてもらうと

今回、僕が入渓した

場所がでてきます。

→35.760305, 139.295642

 

こちらの入渓場所の目印ですが

上の土手に、上の画像の看板が立っているので

分かりやすいと思います。

 

看板の後ろに、ちょうど草が、刈ってある場所が

あったので、こちらを、川の方向に

進んでいきました。

 

途中、行き止まりのような

場所もありましたが、

なんとか、枝の間を通れそうだったので

枝を掻き分けて、進みます。

しばらく、進むと

少し、開けた場所があり、そこを

川の方に、進んで行くと

上の画像のように

多摩川に出る事ができます。

 

また、今回は、草が刈っていて

そこから、入渓する事ができましたが

 

時期によっては、草が刈っておらず、

枝が伸びきって、今回の入渓場所から

入れない可能性もあるので

 

今回の入渓場所は

あくまで、ご参考程度にして

頂ければと思います。

 

 

 

多摩川の羽村堰上流の釣果は!?

今回、羽村堰上流のポイントに

到着をすると、餌釣りの方が、数名釣りを

していました。

 

実は、数日前に

ニジマスの放流があり

今回は、そのニジマスを狙ってきたのですが

 

餌釣りの方に

釣果を聞くと、午前中はなんとか

数匹釣れたが、今は、全くアタリもなく

釣れないとの事。

 

早くも、放流魚が、釣りきられて

しまったのかな?

 

と思いながら

とりあえず、最初は

スミスのDコンタクト(シンキングミノー)で

探って行く事にします。

 

が、反応なし、

チェイスもなし。

 

ニジマスは、放流してから

下流の方に降っていく事が多いので

下流の方にむけて、釣りをする事にしました。

 

 

が、チェイスもなく

良さげなポイントは、すでに

先行者の餌釣りの方が、入っている状況。

 

餌釣りの方に、釣果を聞いても

朝は、なんとか数本釣れたが

今は、厳しいとの事。

 

このまま、粘ろうか迷いましたが

釣り人も多いので、今回は

ここで、釣りを終了し、別のポイントに

移動する事にしました。

 

 

補足ですが、多摩川は

漁業券が必要なので、必ず購入しましょう。

 

 

 

好きな時に釣りに行く、大島(おおしま)とは?

ブログ情報を参考に、

安心安全な釣行を楽しんでください。

 

僕(大島享・おおしまとおる)は、

PC1台で独立して、

きままに生きています。

 

経済的、時間的、場所的に自由で

釣れそうな時は渓流へ

 

その他は、育児をしながら

たまに仕事をする生活を送っています。

 

元々は、残業

月100時間超えの

会社員で、釣りに行きたいのに

仕事で行けない・・・

 

そんな、日常を送っていましたが

スローライフに憧れて、

副業に取組み、自由になれました。

 

僕のメルマガでは、

副業から初めて、

自由になった具体的な方法

収入を100%UPさせるネタを

お伝えしています。

 

運営期間は8年以上

登録者は10,000人を超え

ご好評を頂いています。

 

興味があれば、以下のページで

詳細を解説しているので読んでみてください。

 

大島享公式メルマガの、詳細はこちら