どうも、

PC1台で自由に生きる「大島享(おおしま とおる)」です。

 

渓流釣りで、大怪我をした経験から

安全で、楽しい釣行をして頂きたく

ブログを書いています。

 

下奥多摩大橋というポイントに

渓流釣りに、行ってきたので

解説します。

 

 

 

奥多摩、青梅の下奥多摩大橋のポイントについて解説

※奥多摩の多摩川の釣り場案内はダウンロードは、こちら

こちらの地図を元に、記事を書いてますので、漁協地図を必ずダウンロードして下さい。

 

今回、僕が行った青梅の下奥多摩大橋の

場所ですが、上の漁協地図の青枠の部分、

赤丸の⑱と記載がある場所です。

 

最寄りの駅は、青梅線の

東青梅駅になります。

 

今回行った下奥多摩大橋の

入渓ポイントまで、徒歩で

18分かかります。

 

 

 

【電車のアクセス】奥多摩 青梅 下奥多摩大橋の、アクセスを解説。

青梅の下奥多摩大橋の電車での

アクセスですが、

 

 

青梅線の東青梅駅が

最寄りの駅になっています。

 

東青梅駅は

新宿からだと、早いと1時間ちょっとで

行けます。

 

今回行った、青梅の下奥多摩大橋の

入渓地点までは、徒歩で

18分かかります。

 

下奥多摩大橋の入渓地点に関しては

また、後ほど、解説をしていきます。

 

 

【車のアクセス】奥多摩 青梅 下奥多摩大橋の、アクセスを解説。

 

次に、車でのアクセスですが

最近は、圏央道も開通し、都心部からでも

とても、アクセスが良い場所にあります。

 

次に

下奥多摩大橋付近の、駐車場について解説を

していきたいと思います。

 

 

奥多摩、青梅の下奥多摩大橋付近の駐車場を解説

今回、僕が停めた駐車場は

上の地図の赤いピンの場所

 

タイムス 東青梅駅前第2という

駐車場に停めました。

 

こちらのコードを

グーグルマップに入れてもらうと

場所がでてきます。

→ 35.789753, 139.271317

 

こちらの駐車場から

下奥多摩大橋までは

徒歩で、15分ほどかかります。

 

タイムズ 東青梅駅前第2の

駐車場の料金ですが

 

2020年12月現在になりますが

上の画像の通り

 

0:00〜24:00 の間で

60分 220円

 

最大料金は

駐車後24時間 800円

19:00〜8:00 300円

 

になります。

 

また、こちらの駐車場は、東青梅駅から近く

この駐車場以外にも、いくつかコインパーキングが

ありました。

 

 

 

青梅 下奥多摩大橋の入渓場所を解説

下奥多摩大橋の

入渓ポイントですが

上の地図の赤いピンの場所になります。

 

こちらのコードをグーグルマップに入れてもらうと

今回行った、下奥多摩大橋の入渓ポイントの

場所が、でてきます。

→ 35.781705, 139.272861

 

 

次に、赤いピンからの

下奥多摩大橋の入渓場所の具体的な解説を

していきたいと思います。

 

大通りから、赤いピンの場所に向かうと

上の画像の場所があり

赤い矢印の方向、左に曲がります。

左に曲がると

上の画像の、赤い矢印の通り

突き当たりを左に曲がります。

 

左に曲がると

川に降りれる道があるので

こちらから、川へ降りる事ができます。

 

下奥多摩大橋に

行かれる方は、参考にしてみて下さい。

 

 

 

青梅 下奥多摩大橋の釣果は!?

今回、僕が下奥多摩大橋についたのが

15時ごろでした。

 

季節は、12月なので、

日没を考えると、釣りができるのは

1時間ちょっと。

 

急いで、釣らないと行けないので

まずは、手広く探れる

スミスのDコンタクト(シンキングミノー)

で、探っていきます。

上の画像は、橋の下あたりで

手前は、魚の気配すらなし。

 

対岸の岩盤のあたりが

少し、水深もありそうで、魚が溜まりそうな

気がしたので、

 

岩盤ギリギリに、

Dコンタクト(シンキングミノー)を

投げて狙っていきます。

 

が、チェイスすらなし。

 

しばらく、粘るも

反応が、全く無いので

少し上流に、移動しながら

釣り上がります。

 

が、チェイスすらない状況。

 

結構、川幅も広く、ある程度

川に入って、水深のありそうな対岸の際を

狙うも、全く反応なし。

 

さらに、ちょっと上流へ行くと

上の画像のポイントがありました。

 

水深もあり、魚の溜まりそうな

場所で、しばらく粘ります。

 

ルアーも、スプーンや

スミスの、ボトムノックスイマーなど

試しますが、結局反応なしで

 

暗くなり、終了。

 

こちらのポイントは

また、来年の渓流シーズンが始まったら

リベンジに行こうと思うので

 

釣果があれば

追記をしていきたいと思います。

 

補足ですが、多摩川は

漁業券が必要なので、必ず購入しましょう。

 

 

 

好きな時に釣りに行く、大島(おおしま)とは?

ブログ情報を参考に、

安心安全な釣行を楽しんでください。

 

僕(大島享・おおしまとおる)は、

PC1台で独立して、

きままに生きています。

 

経済的、時間的、場所的に自由で

釣れそうな時は渓流へ

 

その他は、育児をしながら

たまに仕事をする生活を送っています。

 

元々は、残業

月100時間超えの

会社員で、釣りに行きたいのに

仕事で行けない・・・

 

そんな、日常を送っていましたが

スローライフに憧れて、

副業に取組み、自由になれました。

 

僕のメルマガでは、

副業から初めて、

自由になった具体的な方法

収入を100%UPさせるネタを

お伝えしています。

 

運営期間は8年以上

登録者は10,000人を超え

ご好評を頂いています。

 

興味があれば、以下のページで

詳細を解説しているので読んでみてください。

 

大島享公式メルマガの、詳細はこちら